FC2ブログ

記事一覧

終了作品を語りたい「ネオレイション、獄丁ヒグマ」

なんていうか……うん、その……うん

てなわけで先々週の合併号、今週のジャンプにて、前々回の新連載ネオレイションと獄丁ヒグマが終了になったわけですが

本当に絵に描いたような俺達の戦いだENDを見せられて、何とも複雑な心境となりました

なんというかこの俺達の戦いはこれからだENDというのは、ある意味打ち切り漫画の様式美でもあるわけですが、逆に作品を完結させる気のないおぞましい行為だと思ってしまうんですよね

終了するにしても、もう少しやり方あったんでないの? と思ってしまう

短い連載でも、それなりにまとまって完結した打ち切り漫画はジャンプでも結構あります

例を上げるならバスケ漫画のフープメンとか、最近だと三ツ首コンドル、歪のアマルガム、青春兵器ナンバーワン、マジコ、U19、ポロの留学記、アリスと太陽、左門君はサモナーなど、己の描きたいことを上手くまとめ上げた終了作品の数々

もう少し新人作家には、話をまとめる構成力を身につけてもらいたいですね

でも、それでもまだヒグマの方は後日談を描かせてもらえるらしいから、それ次第では許せるかもしれない

ストーリー自体に縦軸は通っていたし、最終目標明確にさせて終われたから

ただ、それでもネオレイション、お前は駄目だ

初期の設定からメチャクチャではあったが、最後まで結局方向性が定まらぬまま、結局何も進まぬまま終わってしまったあのチグハグ感は酷かった

原作付きでなぜこんなことになってしまったのか、未だに理解が追いつかない

作画はあんなに良かった上で終わったわけですから、やっぱり漫画って内容だなってつくづく思います

まぁグチグチ描いてしまったわけですが、良作は次は面白い漫画を描いて本誌に戻ることに一応期待はしています

堀越先生みたいなビックバン起こす大物漫画家に、誰が化けるかなんて分かりませんもんね

てなわけで今回はこの辺で
スポンサーサイト



コメント

No title

私としては、打ち切りまでに全て纏めるのは今の自分には無理と思ったなら、
投げっぱなしでも良いと思います。それも英断の一つではないかと。
それよりも許せないのは情報を羅列して終わらせる方法です。
ジャンプで一番記憶に新しいのはスモーキーですね。あれはない。ありえない。

Re:

打ち切り漫画特有の、最終回に設定を出すだけだして終わる例のあれですね

あの手の作品は本当に酷い、バディストライクとかもそんな感じだったなぁ

俺達の戦いはこれからだエンドもまぁ大概だとは思いますが、終わらせ方って難しいですよねえ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント