FC2ブログ

記事一覧

週刊少年ジャンプ2019年39号の感想

ポロの留学記の権平ひつじ先生、早めの帰還

果たしてその運命は……

・夜桜さんちの大作戦 権平ひつじ
昔に家族を亡くした主人公朝野太陽が、ある日幼馴染のヒロイン夜桜六実の兄、夜桜凶一郎に命を狙われたことをきっかけに、その凶刃を避けるため夜桜六実と結婚し、凶一郎と六実を含めた七人の家族と共にスパイとして生きていくことになる家族スパイコメディ

設定が「え、これコメディなの?」と思うくらいの重めな設定である気がするのですが、ここからどうやって家族スパイコメディになっていくのか地味に楽しみである

登場人物の朝野太陽、夜桜六実、夜桜凶一郎、夜桜七兄弟姉妹(きょうだい)のキャラクターはきちんと立っているし

物語全体の

太陽が凶一郎に命を狙われる→夜桜家に助けられ、六実との結婚を持ちかけられる→六実が己を犠牲とし太陽を守ろうとする→そんな六実を守るために、太陽が彼女との結婚を決意する

までの流れが見事に出来上がっており、1話としては完璧なものだったと思います

六実が瀕死の重傷を負ったと言う過去の話など、今後重要になりそうなエピソードも匂わせており、ストーリー的にも深めに練り込まれてる期待感もあります

チェンソーマン以来に先に期待したい作品ですね

ポロの留学記の失敗を活かして帰ってきてくれたことを信じて

今のところキャラクターデザインも好み

・鬼滅の刃
扉の髪の毛を喰うシーンにシリアスなシーンなのに笑ってしまったのは内緒
無惨の血の濃い髪を喰ったことにより、玄弥はどうなっていくのか、呼吸使えるようになったりしないかな
つーか黒死牟さん無惨様の声ガン無視してんのかい! 後で怒られるぞ!

その中で最後は柱の見事な連携により、黒死牟さんがちょっとだけ本気に……い、命を刈り取る形をしている!(BLEACH感)

・Dr.STONE
カセキが重くて引き上げられない→なら超体力の大樹復活させよう→大樹大活躍!

復活した大樹の力により地面に埋まったカセキの石像を見事回収!

いやー、大樹復活からの大活躍はアニメも並行して見てると熱すぎましたねぇ、第1章初代相棒の安心感は半端じゃない(第2章はクロム、第3章は龍水)

にしてもカセキ持ち上げた大樹もそうだけど、仲間同士での言葉なき対話とか、本当に少年誌の熱いものを凝縮して詰め込んでくるなぁこの漫画は!

あと地味に大樹の腕を一瞬で把握したソユーズの記憶力も凄え

ひょっとして頭の傷とかがその記憶力と関係してるのかな? どうだろう

・僕たちは勉強ができない
恋心に素直になった理珠りんがもう可愛いのなんのって……言葉巧みに成幸を翻弄し、スキンシップにて積極的に行動する

感情が全面に出たことでここまで魅力的になるとは……初期とのギャップもありとても来るものがありますねえ

気持ちの変化で以前より遥かに印象が良くなりました
このままグイグイ押していけば、確固たる位置を確立できるんじゃないかな?

今週でガラリと理珠りんの人物像がかわりましたねぇ、うんうん

・チェンソーマン
アキ君の中にはきちんと姫野先輩がいた!
姫野先輩……良かった……良かったねぇ

それにしても、コベニちゃんが公安に残った理由え……こんなに金に執着するのは、やっぱり閉じ込められてた時に言ってた家庭が原因なのかなぁ

・アクタージュ
千世子に負けない強い怒りの感情を引き出すために、夜凪は心に封じ込めていた父との記憶を呼び起こす

その記憶の果てに、夜凪は、一体どうなっていってしまうのか……

心に強く影響を及ぼすメソッド演技だからこそ強い感情を呼び起こせば起こすほど、その時の代償は計り知れない

学校でリセットする練習をしたとはいえ、ものすごく不安になる展開だなぁ……果たしてどうなるか、次号要注目ですね

・ゆらぎ荘の幽奈さん
ゆらぎ荘の幽奈さんwithおっさん☆
おっさん姿でゆらぎ荘やるとこうなるという画期的な実験回でもありつつ、幽奈のヒロインとしての乙女心を強く感じることの出来た良回

……というかこれ、感情の変化により元に戻ったり、コガラシに可愛く見てもらいたい気持ちが明確に出てたり、実は未練や本筋にも関連しそうな重要な回なのでは? おっさんだけど

さて、今回はここまで!

また次号の感想にてお会いしましょう!
スポンサーサイト



コメント

No title

・夜桜さん
期待大。掴みもOKだったと思います。

・鬼滅
なんか無惨の思惑とか思念とか読み取る域まで達しそうw

・ドクスト
ちゃんと全員に役割とか見せ場とかあるのがホント好きすぎる!

・ぼく勉
キャラ人気的にちょっと他より遅れを取っていた理珠さん…
巻き返しすぎだからwww
可愛さが留まるところを知らなすぎる…

・アクタージュ
きたか父親案件…
個人的に体験している「悲しみによる激しい怒り」をどう表現してくれるか楽しみ。
あの時、自分でもびっくりするぐらいの熱量が湧いたからな。人生で一番激怒した記憶。

取り合えずここにダリフラ感想

言っちゃ悪いけど、オリジナルより矢吹展開の方が数倍面白い!
ここで圧倒的強者の演出しておけば後半に浮かぶ気持ちが段違いになるもんね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント