FC2ブログ

記事一覧

2019年号のジャンプ新連載を振り返る記事

何か今年号でもう新連載が来ることもなさそうなので、今年の連載を振り返ってみます

何か今年は新連載少ないイメージあったんだけど何でかなぁ……ヒットが少なかったのかな? とか考えず1本目

・チェンソーマン 藤本タツキ
まずは去年の年末発売1号のこちら、チェンソーマンですね

最初アキ君のタマキンを蹴ったり、胸を揉むためにパワーちゃんに協力したり、デンジの奔放な性格になれるまでに時間がかかりましたが、なんやかんやイベントを挟みつつ面白くなってきたと思います

今やってるボムの悪魔の話も好きですし、その前のカタナの悪魔との戦闘シーンも読んでて秀逸でした

途中の作者特有の性癖や独特のギャグを挟む描写は人を選ぶと思いますが、最近のジャンプではあまりないバイオレンスな作品として地位を確立したかなと思います

というより今年まともに売れた! と言える新連載がこれだけという……どうしてこうなったし

・ネオレイション 依田瑞希 平尾友秀
続きましては、今年度打ち切り漫画第1号連載、ネオレイションでありますね

子供の頃大切な友人の女の子を守れなかった主人公が、少女の最後の言葉で電脳ハッカーを目指しその力で街に蠢く悪と仲間と戦う! という、割と王道なチーム物の題材の作品だったのですが

いかんせん主人公の言動やハッキングの描写に無茶苦茶な部分があったり、絵は上手いけど主要人物のキャラ立てが不十分だったり、何より主人公の好感度が最初から致命的に低かったりなど、まぁ打ち切りになるには十分な理由が整っていた作品だったと思います

ノリと勢いでやってる感じは嫌いではなかったですが、作画と原作分けてるのって絵が上手い人と緻密な話を描ける人がコンビを組んでって意味合いが強いのでしょうに、今作に関しては作画と原作分ける意味あるのかってレベルで内容がちょっとあれだったので……

でもまぁ新連載の反省を活かして化けるケースはいくらでもあるので、今後の活躍に期待しましょう

あと依田先生の絵は普通に良かったので、もっと他の方とコンビを組ませてみても良いかと思います

・獄丁ヒグマ 帆上夏希
今年度打ち切り第2号
地獄の穴から抜け出した罪人を捕らえるのが仕事の獄卒人ヒグマを主人公とした、退魔バトル

絵も下手ではなかったし話に特に大きな破綻が見られたわけではなかったですが、キャラに大きな個性が見られなかったのと、話が動いたにも関わらず読者を引き込めなかったのが1つの敗因かな

あと前記事に個人感想を書いた際に常連Rさんに貰ったコメントかなんかにあった覚えがあるけど、題材を深く落とし込めなかったのも敗因かも

コメディなのかシリアスなのかどうも題材への姿勢が中途半端だったよね

でもこの人の場合はそこまで漫画を描く実力がない漫画家というわけでもなさそうなので、次回作では成長に期待したい

・最後の最遊記 野々上大二郎
無刀ブラックを連載した野々上大二郎先生の最新作、今年度打ち切り第3号

前作に比べて大分設定などは練り込んできた様子が伺えたが、説明が多すぎて正食内容が頭に入って来なかった今作

キャラの会話で話を上手く進められない典型のような感じがしました

もうちょっと設定と一緒に話を進めることが出来れば、こうはならなかったんじゃないのか……と言いたいところだけど、それが出来たとしても今作の設定が読者を引き込めるものであったかと言われれば、それは別問題なわけで

なんにせよ次回作はもっとスッキリした、読者が理解しやすい内容を持ってくるのがベストなのではないでしょうか?

・神緒ゆいは髪を結い 椎橋寛
お淑やかな白と奔放な黒、髪を結う、解くことによって2つの人格を生み出すヒロイン神緒ゆいと、主人公鍵斗が織りなす学園コメディ……だった

現在はゆいが2つの人格を持つ原因とされる蟲に焦点を当て、女の子にしか取り憑かない蟲から全国で豹変したスケバン女子を救いつつ、ゆいを蟲から救う方向に路線変更

最初のコメディがもっと読みたかった感はありますが、出てくるスケバン女子が全体的に可愛いので今の路線も割と好きです

地味に続いてほしいがあとどのくらい続くのか……

・サムライ8 大久保彰 岸本斉史
NARUTOの岸本斉史先生原作のサムライをテーマにした宇宙を渡ってのサムライアクション込みのスペースファンタジー!

みたいのを読者は期待してたんだと思う

現状では主人公の八丸の実力がそれを行うためにまだ圧倒的に足りてない上に、八丸自身にもそこまで魅力を感じないので壮大な設定が上手いこと活かせずチグハグな感じに

後サムライ8っていうくらいだから八丸以外に七人のカッコいいデザインのサムライが出て大活躍すんだろうなぁと思っていたので、そこらへんも最近のクローン展開で大きな肩透かしを食らった感じに

何か設定は凄いけど、ちがう、そうじゃない感が今のところ凄いです

読めない作品てわけじゃないけど、今のままでは新人作家とそう変わらんよ岸本先生、もっと頑張って

ふたりの太星 福田健太郎
個人的に言わせていただきますと、今年一番の問題作に該当する作品

最初は昼と夜で2つの人格を持つ主人公、天童太星と、それを追う将棋のライバルで織りなす将棋物語

だと私は思っていました

ですが駒の音で将棋が強くなる男遠藤、無数の顔を持つ男百面相ハガデス、アヘ顔データマンユアちゃん、喧嘩将棋豪月、運命に流され生きてきた男堂々巡

彼らの登場により、将棋で織り成される物語は徐々にギャグへと振り切れ始め、最近では題材の将棋ですらふざけ始めるという体たらくに

これはもう将棋漫画なのか……と言いたくなる作品となってきました

ですが今作に登場するキャラには非常に深い個性があり、キャラでの掛け合いにより面白さを生み出す、ということ自体には成功してると思うので、福田先生自体は題材次第で化ける可能性を秘めた漫画家さんだと思います

恐らく猶予はないですが、次回作では売れてほしいと思っていますね

・ビーストチルドレン 寺坂研人
体の小さい主人公獅子ヶ谷サクラが、ライバル雪人に憧れて新進気鋭の高校百剣川でラグビーを始めるスポーツ物

……とりあえず王道のスポーツ物だなぁと言うこと以外大きく特筆する点なし

画力がまだ低いのと、エピソード的な点でまだ他のスポーツ漫画に比べて物足りない感がある、今後に期待です

・トーキョー忍スクワット 田中勇輝 松浦健人
現代で忍が戦う忍アクション

まず一言言いたい、忍んで

サンデーでシノビノ読んでしまったからか、派手に敵本拠地侵入して戦って任務完遂してみたいな殺陣をやられても、これは忍ではないだろうと思ってしまったのが悲しい

あとこの設定なら普通にギャングとかメインに絡ませても良いんじゃないかなーとか、忍である必要あるかなと思ったのが実情です

いやぁ忍って漫画では大概忍んでないパターンが多いけど、これはちょっとなぁ……うん

・夜桜さん家の大作戦 権平ひつじ
ポロの留学記の権平ひつじ先生の最新作

子供の頃両親を失った主人公太陽が、とあることをきっかけに実はスパイの家系の血筋だったヒロイン夜桜六実と結婚し、家族の個性的な姉兄弟に揉まれながら、スパイとして成長するコメディ漫画

まだ序盤ですがスパイ要素とコメディ要素上手く混ぜれてて少年漫画としてスッキリ読めると思います

今後の成長に期待しつつ、売れてくれるのに期待

まだ深い絡みのない兄姉弟もいるので、そこら辺の掘り下げでさらに面白くなると良いですね

・ミタマセキュ霊ティ 鳩胸つるん
……誠に申し訳ないのですが、最初の1話だけ読んでから読んでなくて、振り返ることができません

絵柄とギャグのツボが個人的に全くフィットしなくて正直読み飛ばしてしまっています

本誌で読み飛ばすって、滅多にないのですが……ギャグはセンスが読者の琴線に触れるかで、大分評価変わるので、面白い人には面白いのかなって感じですかね……

てなわけで以上今年度ジャンプ新連載振り返りでありました

個人的にはチェンソーマン、神緒ゆい、夜桜さん家の大作戦の今後に期待しつつ、ふたりの太星の福田健太郎先生の覚醒待ちで今年は行きたいと思います

来年は何本新連載が生き残り、何本長期レンサ終わるのでしょうか
ジャンプの今後に注目ですね
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント