FC2ブログ

記事一覧

久しぶりの週刊雑誌感想

最近のを大まかにですが

アンデッド&アンラック
以前読切掲載されたアンデッド&アンラックが新連載としてスタート

といっても、1話は読切版を概ね連載版にシフトしたという感じで、正直目新しさはなかった

絵柄は個人的には少年誌的で嫌いではないが、少し昔の少年漫画のような多少の古臭さを覚える

物語の顛末が読めないと言うのも+要素でもあり-要素

ヒロインはここまでボーイッシュな感じのデザインの娘も中々いないし優しい娘で結構好きだ
スタイルも良さそうだから、いずれは可愛い服も着てくれるようになると嬉しいな

10点満点中7点

アクタージュ
夜凪ちゃんガチ勢の千世子ちゃん怖い
まぁでも彼女が倒したいのは女優としての夜凪景であり、台本に流される夜凪ちゃんじゃないからそら当然そうなるわな

ここから今の夜凪ちゃんを仲間が救う展開になるんだろうけど、どんな回答を持ってくるのか

結果的に夜凪ちゃんには支えてくれる仲間がいて、花子さんにはいなかった、それが顛末になるような気はするんだけどな、7点

約束のネバーランド
もう少し展開の積み上げがあれば今週の展開はもうちょっと緊張感あったんだけどな……

ここまでなんやかんやなんとかなってしまってるからか、ここまで劣勢でも何とかなるんだろうなと淡白な気持ちになってしまっているのが残念

前回のママ再登場はおおってなったんだけどなぁ、3点

Dr.STONE
こっちも休載挟んだ影響なんだろうけど、解決策が想定の範囲を出なかったから少し盛り下がり

まぁ本来なら2週は早く掲載されてるべきもんだからこっちは仕方ないんだが……5点

ゆらぎ荘の幽奈さん
コガラシがついに本格的にヒロイン達の気持ちと向き合い始める時が来たのか……何かここまでガッツリ核心に触れ始めていると、そろそろ終わりが近くなってるのかなと少し寂しい気分に

ただ今週一番言いたかったのは、千紗希ちゃん、今度はちゃんと告白できて良かったね! 7点

よふかしのうた
仲間の吸血鬼が出てきてやっと面白くなってきたと実感

これから他の吸血鬼との絡みを加えて吸血鬼の設定が徐々に明らかになっていけば、きっと面白くなるはず!

……テコ入れじゃないよね!? こんな可愛いヒロインだらけだし、テコ入れじゃないよね!? 8点

ノケモノたちの夜
実は今サンデーで楽しみにしてるストーリー漫画
マルバスの強さは本誌で読んでて痛感してたし、ナベリウスも同格って話だったから今週のラストには正直驚かされた

ストーリーの引きと構成がスゲェ上手い
来週からオチに含めてどうなるか非常に楽しみである、9点

嘘月
え? もうヒロインが先輩と付き合い始めちゃったけど……え?

主人公の気持ち置いてきぼりの中で恋が終結……というわけにもいかないんだろうね、何故ならこれはダークラブだから

新たに吸血鬼っぽいヒロインも出てきたし、ここから本気でヒロインを求めてドロッドロのグロッグロな展開が始まるんだろうなぁ

主人公が吸血鬼としてスれて行くのも含めて先が楽しみです、7点

PING-KONG
あ、卓球漫画を型どったギャグ漫画だこれ!(今更)

にしてもちょっといい話っぽい流れからオチで「台無しだよ!」となるパターンがワンパターン過ぎないかなぁ、もう少し捻りが必要 3点

かぐや様は告らせたい
イチャイチャしやがって……イチャイチャしやがって……クソ、イチャイチャしやがってぇ!

いや、ここまでスッパリやられると逆に清々しさすら覚えるわけだけど、ちょっと煩悩に特化しすぎじゃないすかねこのかぐや様、完全にスケベな女の子ですよこれ……

そしてラブ探偵チカは先週に引き続きミコちゃんのメンタルケア、頑張って 9点

君のことが大大大大大好きな100人の彼女
ぶっ飛び過ぎな設定故にラブコメだけではなくギャグ漫画としても見れる今作

100人の必ず主人公を好きなヒロインが現れる+くっつかないとヒロインが絶対に死ぬという前提設定があるため、バッドエンドになることはないだろうという安心感があるのは加点要素

今回のヒロインとくっつくまでの話は正直いい話だったし、主人公が終始誠実なんでそこまで不快感もない、まぁ100股するわけだが

後ヒロインが個性突き出すぎてて好き、7点

バトゥーキ
バトルの決着はまぁ予定調和、でもオチのゴクムスの表情が面白過ぎるので不満なし、6点

まぁ今回はこんなもんかな
感想に異種族レビュアーズのレビュー方式をなんとなく採用してみました

あ、後アニメ感想で理系を追加するかもしれない

てなわけで今回はこの辺で
スポンサーサイト



コメント

ゆらぎ荘の恋愛

コガラシの心情について考えるなら、彼は友達のいない時期が多いので今のつかず離れずの関係に憧れを感じていたんではないでしょうか。恋愛感情は本人なりに考えていたんでしょうけどそもそも人の好き嫌いは理性で制御できるものではないですからね。(広いカテゴリーでは趣味や食べ物の好き嫌いも同じなのかも)
告白されたヒロインたちに対して心の本能は友達の好きは受け入れても、恋愛対象としては本能が勝手に受け入れてくれないといったところでしょうか。理性をマニュアルとするなら心はオートだと言うべきかな。

恋愛ばかりは一番一緒に居たい女の子に対して自然に愛情の発芽を待ってそれを自覚していくしかないのでしょうね。ただコガラシ本人がそれを受け入れられるかどうかは今後のヒロインとの出来事とそれに掛かる時間といったところでしょうか。時間を掛けると本人の誠実さが仇になり、今回やifルートみたいにまた全員をふろうとするかもしれませんし。

彼はハーレムを望んでないので、彼女たちを自分に長く縛りつけると他のいい男と付き合えるチャンスをフイにしてしまうという想いもあるから焦ってしまうんでしょうけど。

追記

あと連載は今年は続くと思ってます。恋愛感情はそれなりの積み重ねががどうしても必要で性急過ぎるとヒロインたちを納得させられないから。(読者もですが)幽奈の謎や千紗希の予知夢の真相を知りその女の子への好意が加速することはあるかもしれませんが。

残る謎の一つに修学旅行では起こることを全て予測出来ていたのに千紗希が11年も夢に閉じ込められるのを放置したこと。普通に幽奈を占うふりしてコガラシが襲われる映像見せた方がお手軽だし恩も売れたのに。今後の彼女の計画に予知夢を乗り越えた千紗希がどうしても必要であったということなんでしょう。予知夢の前後で何が違うのかはまだ分からないです。鍵になるのが冬になって年を越しても彼女の霊力が残るか否か、それで幽奈がまだ見えるようなら異変確定です。

今後の敵は宵ノ坂の他に、幽奈と千紗希を狙う謎の第四勢力が登場しそうなフラグが立ってると思ってます。ボス候補は幽奈とは別の幻流斎といったとこでしょうか。そいつらが幽奈の未練の真相を握っていると予想してます。恋愛の決着が先か敵を全員退けるのが先かで話の内容が大幅に変わってきますね。

日常編でニャンガやパンダ老師みたいな超越者の味方がさりげなく増えてるのもド派手なバトル編の仕込みだと思ってます。下手すると女将さんのコレクションやアホアイテム含めて。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント