FC2ブログ

記事一覧

週刊少年ジャンプ2020年23号の感想

アレの影響にて集合表紙

合併号でしか集合表紙が出ることはないのである意味レアな事例ですね

にしてもまだまだONE PIECE1強って感じの表紙ですが……鬼滅は同格と考えて良いと思うんだけどなぁ

ではそんな鬼滅から行きますか

・鬼滅の刃

無惨がいなくなり平和になった世界……そして時は流れ現代へ!

うむ、戦いの後の後日談の光景はようやく訪れた日常って感じで実に素晴らしかった

でも巻頭カラーにもあるように、数々の人達の命と引き換えに得た平和だから悲しくもありますね

でもその中でも登場人物たちの明るい未来が見えた良い回だったと思います

炭治郎とカナヲ、伊之助とアオイもいい雰囲気で何よりです

炭治郎とカナヲは前々からフラグ積み重ねてたけど伊之助とアオイは唐突みたいな声も結構聞かれましたが

個人的にはこの二人割と絡んでる印象あったのでそうでもなかったです

刀鍛冶の里編の前の炭治郎が起きたときは夫婦漫画見てるようでしたし

にしても、そんな炭治郎と伊之助が上手く行く中、汚い高音に暗雲が……?

まさかここで禰豆子と実弥さんに接点が出来るとは思わなかった

負けるなよ善逸……禰豆子ちゃんに関してはずっと一途だったし私は応援してるぞ

あと地味に気になるのが柱とか他のメンツの今後

愈史郎は珠代様を追って死ぬつもりだった可能性があるけど、炭治郎が止めたわけだし生きててほしい

義勇さんは鱗滝さんと静かに余生を過ごすのかな……風柱もとりあえず実家に帰るんだろう

次回現代に飛ぶわけだし、このあと波風立てることなく、穏やかなままエピローグを迎えることに期待しています

生きてた愈史郎が語り部になるみたいな話だったら良いなぁ

そしてあわよくば現代編にシフトして炭治郎達の先祖達による鬼滅学園連載化……は流石に無理か

続くにせよ終わるにせよ今回の話は第一部として綺麗に締めくくってほしいですね

現代第二部で東京喰種みたいになったらそれはそれで見たいけどね

あ、あと最後に

三郎爺ちゃんが出てきたのが本当に意外だったけど納得だった

ある意味この人がいなければ鬼滅の刃始まりすらしてなかったからね

炭治郎を無惨と引き合わせなかったまさしくMVP

行方知れずになった炭治郎と禰豆子も心配してくれてたみたいだし、めっちゃいい人

・Dr.STONE

コーンを発見したと思ったら石化から復活した現住民がおり、マシンガンで奇襲を受け離脱

可能性としては想定できる事だったけど、やっぱり出てきてしまったか復活した人間

でも復活して活動してる人間がいることで、既にコーンが大量に作られてる可能性も出てきたので、生産の上では事態は好転したのかな?

問題は敵側の復活者達の具体的な人数、そしてどんな人格をしているか辺りか

まぁいきなりマシンガンでぶっ放して来たところを見ると、話し合いですんなりってタイプの人間ではなさそうですがね

・ONE PIECE

各々別行動を取りながらカイドウとオロチの元へ、さらにカイドウの息子の名前が判明

おしるこをぶち撒けられ、ルフィ、爆発寸前……?

カン十郎は錦さんの読み通りオロチの元に辿り着けていませんでしたね、さす錦

モモは自力で逃走しそうな予感?

にしても相変わらずルフィとゾロは勝手に動いてやがる……一味のトップ2なのに自由かよ

そしてカイドウのヤマトに関する発表って何ですかねぇ

カイドウの息子をリンリンの娘と結婚させたりするのかなぁ……それこそプリンちゃんとかなら面白そうな展開になりそう

もしくは組んだ同盟で世界政府やら海軍本部にケンカ売っちゃったりするのかな?

それはそれで面白そうですが果たして……

・ボーンコレクション

主人公とヒロインの最終目標の再確認回

うむ、連載第二話だし話が動く前に主人公の周りを掘り下げるのは悪くないだろう

でもラストのスク水変態オチはちょっとなぁ……前フリはしてたとはいえ酷かったなぁ

・ぼくたちは勉強ができない Route:if

思い出ボードゲームにより紗和子の心を紐解き、本心を打ち明けることで家族関係、一歩前進

互いを知ることで関城家がまた幸せな家庭になることを私は信じていますよ

そして紗和子ちゃんの背中をここまで強く押せるボードゲームを作った理珠、本当に成長したなぁ

もう機械仕掛けの親指姫なんて呼べないですね

彼女は人の心に寄り添える立派な女の子です

そして彼女は紗和子だけじゃなく成幸の心にも寄り添い、そんな彼女に成幸がついに恋に落ちました……

最後はどんなオチに持っていくのでしょうか?

このまま成幸もルームシェアの同棲エンドかな?

・ヘヴィメタル ヤンキース 川田

火ノ丸相撲の川田先生の最新作

全身を機械化した人類がギミックを駆使して戦うバトル物

まぁ新たな方向性に挑戦しようとしたと言えば聞こえは良いのでしょうが……

とりあえず、火ノ丸相撲の読者が川田先生に求めてるのはこういう感じのじゃないと私は思いました

火ノ丸相撲が面白かったのは激しい相撲競技のカッコいい描写もありましたが、それはあくまで現実の範疇での話

今回の設定だと話がSFとかの域なのでどうも感情移入もしにくいしリアリティに欠けて、川田先生っぽくない読み切りに感じました

正直単純なバトル漫画って感じで面白くなかった

次回はもっとよく練った別の話が読みたいですかね

川田先生自体はとても実力のある漫画家さんですし、長所を伸ばす方向で頑張ってほしいです

・マッシュル

メッチャスカッとしました

留年先輩がここ数週嫌みたっぷりに溜めたヘイトを全て吹き飛ばすマッシュ圧倒的強さ!

攻撃時の大胆なコマの使い方も凄く勢いがあり最高に少年漫画してる回だったと思います

さてあと8回、果たして先輩は身体が保つのかな?

それとも惨めにマッシュに頭を下げるのかな?

次の話が非常に楽しみです
シスコン君登場から急に面白くなったなぁ

・呪術廻戦

脹相との戦いに善戦するも読み負け致命傷を負う虎杖

大ピンチ……な展開でしたが最後のコマで全ての感想が吹き飛びました

え? 何でここで存在しない記憶が?

ひょっとして東堂とのあのやり取りはギャグ展開じゃなくて今週のための伏線だった?

特定の条件で相手に存在しない記憶を植え込むのが虎杖の能力だったりするの?

今回の戦いが読み返すと脹相とのやり取りとか東堂との会話のくだりに似てない気がしなくもないのがまた可能性を濃くしている

果たして来週どうなるのか……先が読めなすぎて気になる

脹相操って危機的状況脱出しちゃう?

・AGRAVITY BOYS

可愛いクリス君が動画配信で荒稼ぎ……

しょうもないことで宇宙って一つになるんだなぁ……まぁ可愛いけどさ

にしてもクリス君のメイド服着てる時のガタイが男の子っぽいのに作者のこだわりを感じますね

この作品があくまでAGRAVITY BOYSであることと、今作のヒロインがババであることを証明した回だと思っています←

にしてもヒロインポスターのメイド服が伏線だったとは……ならないよねうん(笑)

・ゆらぎ荘の幽奈さん

コガラシとの生活の日々自体が幽奈の未練だった……そりゃあ思い出さないようにするはずだよ

将来コガラシと幸せな生活をしているのが未練とか、思い出したら幸せが消えると同義なんだもの

きっと幽霊になる前に何かしら自分自身に暗示をかけたりしたのでしょうね

あと、今週の描写で龍禅も敵ではなく幻流斎の友人としてコガラシを助けたいのが濃厚になったっぽいんでそれも含めて一安心

しかしこんなものを見せられてしまったら幽奈ENDにするなって方が無理じゃないか……

コガラシには幽奈を幸せにしてもらわないと困る

でも千紗希や他のメンバーの想いも無下にするなんて出来ないわけで……

折衷案としてはハーレムENDが幽奈も幸せになれてみんなも幸せになれるENDなんじゃないかなと本気で思ってきました

ここまでみんなから想われてるなら、コガラシが全員を受け入れても誰も文句言いませんよ、うん

てなわけで今回は以上です

今回全体的にタメからの上げ回が多くて全体的に誌面が面白かったと思います

今後はアレの影響で休載も増えるかもしれませんが、漫画家さん達には無理せずに頑張ってもらいたいですね

てなわけで今週の感想はこの辺で!
スポンサーサイト



コメント

No title

・鬼滅
現代編、増ページで最終回かなと思ってます(某氏に喧嘩売るスタイルw)
これで鬼滅学園ぶっこんできたりしてね。産屋敷家当主が代々理事長でw

・ドクスト
大陸ゆえに他にも自力復活者がいて国家抗争してる可能性もあるかな?
でなければイキナリ撃つとかバカとしかいえないし。

・呪廻
そんな虎杖の能力イヤすぎるんですけどwww

・ゆらぎ荘
この未練は舌を巻きました。火器重火器を超えて弾道なんちゃらレベルの破壊力。
これまでハーレムエンド以外ないという考えでしたが、
幽奈エンドが一番相応しい気さえしてきました。

No title

・鬼滅
久しぶりの日常回楽しめました。妹の禰豆子の抗体とカナヲの持ってた珠世さんとしのぶさんの薬で元に戻るという奇跡。繋いだ絆を感じられて本当によかったです。
炭治郎の眼と左腕の機能がなくなったのは、失ったものは戻らないという人の厳しさを描けていると思います。おそらくは義勇さん達も痣の影響で数年後亡くなった可能性が高いと感じました。
次回は現代でも消えない人の悪意と善意を転生した炭治郎達を介してコメディ風に描いて完結でしょうか。

・ゆらぎ荘
当時はまだ存在しないコガラシとの穏やかな記憶が幽奈の未練だったとは。拷問と人格否定されてばかりの人生の終末にこんなもの見せられては死んだ後に希望を抱くのも無理はないですね。予知夢で絶望した千紗希と対にもなっています。コガラシの霊力がある正史なら結婚子作り等そのさきの関係を望んで踏みとどまれるかもと考えてます。
証明されてしまったのは術の夢の記憶は消えても感情は残り続けること。確か流禅はコガラシにも夢を見せるといっていたはず。しかも千紗希とは分岐前の11年を体験するはめに。七人のメンタルいろんな意味で心配なんですが。少なくとも後にフラれる五人の彼に対する未練は増幅されるのは確実。悪鬼を退けてからが本当の勝負だと思います。
しかも過去の幽奈、仲居さんを呼び捨てにしてた幻流斎と雰囲気が違う気がします。下手すると心の闇を利用して天狐や宵ノ坂を操っていた黒幕がいるかもとか、モノローグの少ない呑子さんがカン十郎ばりに豹変するかもとかいろいろ妄想してます。

更新お疲れ様です。

 とても充実しているジャンプ感想に舌を巻きました!


>鬼滅の刃
  ありえませんから・・・あれだけの伏線を残して終わりなんて、きっとありえませんから・・・。(不安と壮絶バトル中)

>ヘヴィメタル ヤンキース
 待望の川田先生の新作でしたね♪
 まあ、私も完全に主人公が巻き込まれるだけだった今回のストーリーには正直「う~ん・・・」と思いはしたものの、川田先生の最大の持ち味である「泥臭い熱さ」は相変わらず冴えていたと思います。
 川田先生の実力に関してはもはや折り紙つきなので、もう一歩“真っ直ぐな目的”のある次作を生み出してくれることを期待しています。(^^)

>マッシュル
 あの見開きには目を奪われました。
 連載開始当初は、この作品に目を奪われることになるなんて想像もしていなかったのに。

>ゆらぎ荘の幽奈さん
 私がこれまで読んできたヒロイン多数のラブコメの中でも、『ゆらぎ荘』は最もヒロイン全員が等しく主人公と結ばれてほしいと真剣に願ってしまう作品ですね。
 本当にラストは一体どんな形に収まるのやら・・・。

鬼滅最終回

>栗姐さん
・・・ですってよ奥様(←

ただ、青い彼岸花は伏線回収されましたよ

それにしても、約2名は全集中常中を使ってるな(;´∀`)

やっぱ使ってるよなあの二人w

青い彼岸花で無惨様の無能さが一つ追加されましたね。
家庭持てるくらい人間社会に溶け込めるんだから人も使って調べたらいいのにw
まあそれでも年2~3日しか咲かないとかだから見つけられなかったかもですが。

私はこの終わり方に満足しています。
死者も含めてハッピーエンドを迎えるにはこれしか方法がなかったですから。
炭治郎たちがどうなったかは単行本で紹介風にでも明かしてくれたら嬉しいな。

鬼滅最終回

殺されたり早世した人達は転生組、そこそこ生きて子孫を残せた人達は転生してないという印象でした。鬼が転生してないのは地獄で服役中という解釈で合ってますかね。
後善逸の小説が無惨を倒したとこが半分なのは、残りの禰豆子をおとすとこに力を入れたというとこかな。ある意味それが一番の謎だと思います。

善逸伝残り半分

創作の可能性もある。だから燈子が「嘘小説」と称したw
こっちのがらしい気がするw

Re:

みなさんコメントありがとうございます

・鬼滅の刃
最終回論争決着、最終回でしたね

細かい伏線残っていつつも個人的には上手くまとめてくれたかなと思っています

・ゆらぎ荘
現在コガラシを救うために絶賛シュタゲ中ですが一体どうなることやら……

・呪術廻戦
そんな能力だった……ひとまず言えることは東堂はどうかしてるぜ!

・石鹸
ひとまず科学者がいるのは確定

ここから第三勢力は出るのか否か……

・ヘヴィメタル
持ち味の活かし方の方向性がしっくり来なかったような気もしますね、さらなる川田先生の次回作に期待です

とりあえず読切描いただけでも正解だと思います

読切描かずに連載始めると大抵勇を失って散体しちゃいますから……w

・マッシュル
ジワジワと溜めてきてからの今回の見開きですからね

途中から急に上手くなったなぁとも感じますが、むしろ作者の持ち味はこっちで1話は画力抑えてた説までありそうです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント