FC2ブログ

記事一覧

アンケートを忘れずラブコメ漫画紹介

ども

予告通りラブコメ紹介記事でありますぱいなっぷるです

アンケートを集計(3票実質満場一致)した後、ラブコメ漫画を厳選し記事が若干遅くなりました

今回は個人的に面白い、これならオススメ出来ると考えたラブコメを7本にスポットを当て、

紹介して行きたいと思います

さらに今回は条件を絞り「全巻5000円以内に購入出来る作品」に紹介する作品を絞ったので、

割とリーズナブルにポチることも出来ると思います

管理人はポチらせる気満々です

少しでも作品の知名度をあげて作者に潤いを……そしてあわよくばアニメ化を

そんな気持ちで書いていきたいと思います

では早速始めましょうか

ぱいなっぷるプレゼンツ、記事を読んでくれてる皆様にオススメしたいラブコメ紹介

最初に紹介する作品はこちらです

20200527094024d87.jpg
てんぷる:吉岡公威 コミックDAYS 講談社

・てんぷる

あらすじ
主人公は女性に関わらず生きていこうと心に誓う大学生、赤神明光

彼の父親赤神春風は世界中の女性をとっかえひっかえにするプレイボーイであり、

そのせいで赤神家は世間で節操のない変態クズ一家であるとレッテルを貼られていた

明光は自分は決して父のようにはならないと、真面目にバイトと大学生活を送る

しかしある日夜のバイトの帰り道、赤神は突然坂道から飛んできた米俵に吹き飛ばされ帰らぬ人に……とはならず

米俵を落とした美少女に一目惚れしてしまいます

それをきっかけに日常生活で約一ヶ月その美少女のことが頭から離れなくなり、

さらに今まで蓋をされていた女性への煩悩が解放

今まで行ったこともなかった合コンなどに入り浸るようになり、1ヶ月サボったことでバイトはクビになって大学の単位も落としかけてしまいます

このままでは父同様に女性に溺れてしまうと現状を危惧した明光は大学を休学し、叔父に紹介してもらったお寺に出家をしようと決意

悟りを開くことで煩悩と決別しようと考えます

隣町の寺を訪ね、そのお寺で明光を待ち受けていたのは……

あの夜に出会った、美少女でした

彼女を見てとてつもなく動揺した明光でしたが、明光を見た美少女も何故か恐ろしく動揺

少々お待ちくださいと奥に少し引っ込んだあと、着物を着付けて明光の元にやって来る彼女の名は、蒼葉結月

しかし結月と出会って生まれた煩悩を取り去ろうと考え寺に来たのに結月が寺にいるなんて本末転倒

そう考え明光はその場を立ち去ろうとしますが、動揺のあまり本当に転倒

そこを再び大丈夫かと結月に声をかけられ、脳が沸騰した明光は

彼女にプロポーズしました

と、ここまでが第1話のあらすじです

煩悩を封じ生きてきた主人公がヒロインとの
ボーイミーツガールで煩悩に目覚め、

その煩悩を消し去る為に寺に向かい、改めてヒロインと再会を果たす

1話としては分かりやすい内容でしたね

あとあらすじ読んでいただくと何となく分かるとは思うのですがこの1話はまだ導入部のチュートリアルでして、

2話で表紙に描かれてるヒロイン達の登場、主人公が修行しようと思っていた寺は実は男子禁制の尼寺だった

3話でさらにとある事実が判明し、明光はこの寺で住み込みで働くことになるなどと、

大きなネタバレになるようなことは伏せますがここまでが大まかなストーリーの流れとなっています

その中で己の煩悩と闘いながらも真っ直ぐあろうとする明光の人間性に結月を初めとする作中ヒロインが惹かれていき、

更にはお寺を巡る問題で一致団結し、目的に向かって邁進していきます

ただのお寺の中のハーレムラブコメというわけではなく、お寺にまつわることを軸に話が進んでいくストーリー物でもあります

可愛い女の子が見たくて、なおかつきちんと縦軸の通ったストーリーがあるラブコメが読みたい

そんな人にも安心して読んでいただけるラブコメです

ただ主人公の煩悩をテーマにしてるだけありちょっぴりお色気要素もありますので、

その辺に免疫がない方に合うかは読んで見てもらわないと分かりませんかね

許容できるかは試し読み等してみて判断してみてください

陰鬱さはなくちょっとおバカな明るいラブコメです

てなわけで1作目、てんぷるの紹介でした

それでは熱が冷めないうちに2作目の紹介に行きましょう

202005271117467b1.jpg
未熟なふたりでございますが:カワハラ恋 コミックDAYS 講談社

あらすじ
ずっと好きだった女と結婚した

物語の主人公とヒロイン佐伯育馬と佐伯澄花

ふたりは新婚夫婦である

幼稚園の頃からずっと一緒にいたふたりの気持ちは繋がり、晴れて夫婦になった

好きだからお互い気持ちだけじゃなくて身体でも繋がりたい

互いに知恵を絞り頑張るふたりなのですが、想いとは裏腹にどこかですれ違い、から回る

これはそんなふたりが結婚生活の中でさらに距離を縮めていき、心と身体で愛を育む物語である

以上が作品全体のあらすじです

1話あらすじではありません、全体のあらすじです

あらすじの通り主人公とヒロインがとにかくお互いの為に頑張り、時にはすれ違ったりしながらも心と身体で愛を育んでいく作品になっています

ラブコメはラブコメでも、恋愛まで繋ぐ少年誌的ラブコメではなく、恋から繋がった愛を夫婦で育てていくラブコメです

互いのことを大好きだからこそ頑張り、互いをよく知っているからこそから回る

そんな育馬と澄花が見ていて果てしなく尊い作品です

恋人ではなく夫婦という既にガッチリ固まった関係であるが故に言いたいことなどもハッキリ言い合います

何気ない些細な言動でヘソを曲げる澄花が可愛かったり、

そんな澄花に自分への想いをぶつけられて俺の嫁可愛い! となる育馬がおまかわだったり、主人公とヒロインがとにかく尊い……尊いのです

仰げば尊死とはよく言ったものです(言わない)

ただし、あまりに育馬と澄花の関係が尊すぎて読んでて「こんな嫁(旦那)欲しかったなぁ……」と若干陰鬱な気持ちになる恐れがあります

尊すぎるがゆえに俺何やってんだろう……と、己の孤独感に苛まれる作品でもあります(ただし独り身に限る)

まぁなんにせよ、夫婦のキュンッとした甘酸っぱい新婚生活をみたい! という方にはこれ以上ない作品です

さっきから尊い尊い言ってますが、キュンキュンし過ぎて語彙力が低下してると思ってください

管理人の語彙力が元々低いとかそういうわけではない……ないからね?(あるけど)

あと、少年誌的ラブコメのキュンと言うよりは、少女漫画のラブコメにあるキュンと来る感じの方が読んでて感覚としては近いように感じます

少女漫画慣れしてない人にはその辺は好みじゃない気もしますが、少女漫画をほぼ読んだことのない私でも入れたので多分大丈夫だとは思います

なのでぜひまずは試し読みからふたりの育む愛を確認していただけると嬉しいです、本気で

というところで2作目の紹介はここまで

3作目に続けましょう

20200527120223497.jpg
今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画:マツモトケンゴ ニコニコ静画 講談社

・今まで一度も女扱いされたことがない女騎士を女扱いする漫画

あらすじ
無敗の聖剣と讃えられる女騎士、レオ・コルネリア

彼女は戦う為に生まれ魔物と戦う為の道具として育てられてきた

どんな相手にも負けず国の為に戦う女騎士、故に聖剣と呼ばれている

そんな彼女はある日突然魔法使いの青年、フーリー・デントから愛の告白を受ける

生まれて初めて愛の告白を受けたレオは激しく動揺

女扱いされたことによりレオに今後待ち受けているものとは……!?

タイトル通りのあらすじですね、今まで女扱いされたことのなかった女騎士レオ様が、

魔法使いのフーリー君に女扱いされて関係が変化していくラブコメです

最初は女である前に自分は騎士であるとフーリー君の告白を受け入れないレオ様なのですが、

フーリー君の真っ直ぐな愛のある言葉に今まで全く揺れ動くことのなかった乙女心を動かされ、

騎士であり続けながらもフーリー君と一緒にいることで女としても騎士としても変わっていく姿が非常に良いのです

話が進むごとにレオ様がフーリー君がいないとダメな体になってきており、デレ度がドンドン増して行きます

ですが当の愛の告白をしたフーリー君は高貴な騎士であるレオ様が自分の恋人になってくれるなんて高望みだと思っており、

女扱いはしているもののあくまで騎士としてレオ様を見ていますので、

レオ様が女騎士から女に変わっていくに連れて
フーリー君がどう変わっていくのかも今後のポイントになるかなと思っています

一応レオ様以外にもフーリー君の周りを囲むレオ様以外の女は出てくるのですが、

フーリー君が何があっても折れることがないくらいレオ様の腹筋……レオ様一筋なので、脇道に逸れる心配はなさそうな作品です

ん? 何故レオ様の腹筋といいかけたのかって?
読めばわかります、この物語においてレオ様の腹筋は重要な役割を担っています

女騎士というテーマを元に作者のフェチズムもふんだんに盛り込まれた王道ファンタジーラブコメであることは間違いないです

多少バトル漫画的面もありますがあくまでレオ様とフーリー君のラブコメを引き立てるスパイス程度のもので軸はブレていませんので、

2人の愛の道標的なものとして読んでみるといいでしょう

まぁあまり語りすぎると盛大なネタバレが含まれるかもしれないのでそろそろ4作目に行きましょうか

本編に当たり障りのないネタバレってのは中々に難しいものですね

おっと、とりあえずここまでの3作は割と人気がある有名どころの作品を紹介してきましたが

これ以降は単行本が出たばかりの新作、または知名度の低いであろうどマイナー作品ですので

それも加味して読んでいただけるとありがたいですね

では改めて4作目

2020052712482189b.jpg
瞳ちゃんは人見知り:夏海ちょりすけ チャンピオンREDコミックス 秋田書店

・瞳ちゃんは人見知り

あらすじ
電車が遅れていつもより混雑した電車内

その中で高校2年生の宇佐見君は、三白眼でギザ歯のいろいろとおっきな転校生の後輩、鷹野瞳と出会う

ちょっと迫力のある見た目で周りから怖いと誤解されがちだけど、照れ屋で純粋で笑顔の可愛い瞳ちゃん

妹のカオルと同級生なこともあって、兄妹ぐるみのお付き合いをすることになるのですが、

一緒にいるうちに互いに少しずつ意識していくようになって……

ある日の何気ない出会いから始まる先輩と後輩の絶妙な距離感のラブコメ

主人公の宇佐見優君もヒロインの瞳ちゃんもとっても良い子で、

何気ない日常から徐々にラブコメとしての2人の距離が縮まっていくハートフルラブコメとなってます

見てるだけでほんわかするし心が温まる作品です

この作品を見て三白眼ヒロインって良いなぁとその魅力の虜にもなりました

純粋で照れる瞳ちゃんかわええ……ずっと見てたい……飽きない……

みたいな感じの見守りたくなる系のラブコメです

完全に前情報抜きで買った作品だったのですが正直大当たりでした

純粋さと人の優しさに包まれたような作品

系統で言えば余計なライバルが増えないからかい上手の高木さんとかに近いですね

まぁ宇佐見君と瞳ちゃんはむしろからかわれてその様子を読者がニヤニヤして見る立場ですがね(ニッコリ)

あと今作はラブコメだけではなく人見知りである瞳ちゃんが宇佐見兄妹達との関係などを通じて、

単なる人見知りから少しずつ成長していく成長物語であるとも思ってます

作品内を通して瞳ちゃんの確かな成長を見ていただけると嬉しい次第です

個人的に今年流行ってほしいヒロインNo.1に食い込んでいるのですが、この作品一体どの程度売れてんのかなぁ、重版して(切実)

流行れ三白眼女子……流行れおっきい女子……この想い、みんなに届け!

管理人の願望を吐き出したところで5作目に参りましょうか

最近メジャー誌以外の掘り出し物を大量発掘している感じがします

瞳ちゃんもそんな感じですが、次の5作目もそんな感じになっております

今考えると1〜3作目も掲載場所的にはマイナーなのかな?

まぁ気を取り直して書いていきましょうか

20200527133546cf4.jpg
きょうも黒咲さんのターン!:あゆか ドラゴンコミックスエイジ KADOKAWA

・きょうも黒咲さんのターン!

あらすじ
黒咲れんげは黒ギャルである

主人公であるやしろクンは現実でもどこにでもいるオタク男子

そんな全く接点のなさそうに見える2人であったが、共通の趣味であるカードゲームがきっかけで学校でも仲良くしていた

放課後2人きりで遊ぶほどに仲の良い2人であるが、やしろクンは黒ギャルでピュアだけどちょっとエッチな彼女に翻弄されっぱなし!

何勘違いしているんだ? まだ黒咲さんのバトルフェイズは終了してないぜ!

オタクと黒ギャルの恋の行く末を描くちょっとエッチなラブコメディ

最初に言っておく! あらすじも見ずに表紙だけで即買いしました!(ドンッ!)

男が黒ギャルをそういう対象で見るのは仕方ないことなのである、邪ですみません、反省はしません、褐色は素晴らしいのです←

てなわけで内容として大丈夫かなと少し心配だったのですが、

オタク男子と黒ギャル女子の中身と心理について割と上手いこと描いてるラブコメなんじゃないかなぁと思いました

人は見た目によらないって言葉がよく合うというか、偏見に向き合った作品とでも言いますかね

まずこの作品の根幹とも言えるヒロインの黒咲さんなのですが、ギャルな見た目とは裏腹に凄く
ピュアなヒロインです

ギャルのようなイケイケなイメージなど全く皆無であり、好きな男の子に仲の良い女友達が出来たり、

2人きりで迫られたりしてドキドキする普通の女の子です

そして主人公のやしろクンはそんな彼女の内面を理解しつつも、黒ギャルの一面から少し彼女を邪な目で見てしまい、

そんな気持ちで黒咲さんと向き合って良いのだろうかと頭を悩ませます

実に2人とも思春期の高校生らしい悩みを抱えていて良いなぁと思います

現在まだ2人は友達以上恋人未満って感じの関係に留まっているのですが、

2人で遊びに行ったりして行く中でやしろクンと黒咲さんの気持ちにどのような変化が生じていくのか

その辺の進展が楽しみな作品です

最初買った時はこんな風にこの作品を紹介するとは思いもしませんでしたね

イロモノと見せかけて学生時代の甘酸っぱい青春を描いた作品です

歴代○○さん作品にも負けない出来と思いますのぜひ御一読を

黒咲さんについてはここまで、あと2つ、落ち着いて紹介していきましょうか

202005271419290c7.jpg
久保さんは僕(モブ)を許さない:雪森寧々 ヤングジャンプ 集英社

・久保さんは僕(モブ)を許さない

あらすじ
人より存在感がない主人公、白石くん

基本大声を出したり、何か奇怪な行動を起こさなければ、誰も彼には気づかないし見えない(物理)

でもそんな白石くんにいつも気づく女の子がいる

それが今作のヒロイン、久保さん

久保さんはいつも学校で白石くんを見つけては声をかけ、からかってくる

白石くんは何故彼女に声をかけられるのか分からない

とにかく久保さんは、白石くんがモブであることを許さない

そんな2人の何気ない日常と進展を描いた思春期青春コメディ

ヤングジャンプで大好評連載中の学園青春コメディ

好きな男の子に遠回しながらもグイグイ来る女の子……良いよね

そんな繊細かつ大胆で同誌のかぐや様が霞む知略を働かせる久保さんを少しずつ意識していく白石くんもとっても可愛いです

なんで久保さんが白石くんを好きになったのかという経緯はまだ不明なのですが、

そんなのが分からなくても分かるくらい白石くんが思春期男子かついい子なので、久保さんが好きになるのも分かる気がします

付き合うまでやってほしい気はしますが、まだまだモブである白石くんに告白が出来るでしょうか

ひょっとしたらこの漫画はラブコメでありながらも白石くんが久保さんの主人公になるまでの物語なのかなと思っています

ぜひ付き合うまで行ってほしいのはありますが、さらに気になるのはこの作品が2人が付き合い始めてからも連載が続くかが気になりますね

他作なら大抵主人公とヒロインがくっついて終わりが王道ですが、この作品は関係が変化してからの話も面白そうで

そんな2人の今後の展開はぜひヤングジャンプにて確かめましょう(宣伝)

上記で上げた書籍よりは明らかにお求めもしやすいしコンビニにもありますからね……

コンビニで計算高い久保さんに酔いしれやがってください

あ、ちなみに次の作品で最後になりますが、最後の作品もヤングジャンプの作品です

ヤングジャンプのラブコメといえば結構数が絞られますが、どれが答えか分かるかな?

では秒で答え合わせしましょう

202005271442486a7.jpg
君のことが大大大大大好きな100人の彼女:原作 中村力斗 作画 野澤ゆき子 ヤングジャンプ 集英社

・君のことが大大大大大好きな100人の彼女

あらすじ
恋に憧れ何度も好きな女の子に告白し、通算100人の女の子に振られた主人公、愛城恋太郎

そんな彼の前に突如現れた縁結びの神様

彼の話だと恋太郎はこの後高校に入ってから運命の女の子に出会いらしいが、

運命の女の子は恋太郎と結ばれなければ全員その後何かしら不幸な目にあって命を落とすらしい

自分ために誰かが命を落とす? 命を落とすから彼女達を騙して付き合う? そんなことしていいわけがない!

100人全員と正式に付き合って! 全員俺が幸せにしてやる!

脱落ヒロイン0! 恋太郎の無謀とも言える100人とのラブコメが今始まる!

最初読んでた時はとんでもない設定だなぁ、こんなのすぐ限界来るだろと思っていたのですが、

現在5人のヒロインと付き合っていて全員可愛いかつキャラも立ってて面白いという奇跡が起こってる作品です

最近は超人募集(彼女)も始まりまして、どこまでキャラがぶっ飛んで可愛い彼女を描けるか、

どこまでヒロインを持て余さずに活用できるかも見届けたい挑戦作でもあります

そんな感じで本筋のラブコメ回も気になる感じではあるのですが、

ヒロイン攻略パートじゃない日常回でもギャグがキレキレでテンポもよく読んでて飽きません

ぜひ久保さんと共に今後のヤングジャンプを支えていってほしいラブコメだと思っています

ある意味設定がぶっ飛んでて他のラブコメとは別枠みたいな扱いをされそうなラブコメではありますが

これはある意味中村先生と野澤先生にしか生み出せない独自性なんだろうなと私は思っています

和食屋で洋食屋のメニューを出されたけど、味は和食そのものだよ、みたいな奇妙な感覚を味わえる作品です

おそらく一度堪能したら最高にハイな気分になれると思うので、ぜひ一度読んでみてください

さて、それでは以上7本にて今回のラブコメ紹介記事は終了となります

紹介した7本の中で1本でもポチってみようと思った作品が出てくれてきたなら記事を作った側としては制作冥利に尽きますね

読んでみた人はぜひコメントに感想をくださいね

それでは今回はこの辺で!

また次の記事にてお会いしましょう!

異世界物紹介記事も気が向いたらやりますので乞うご期待!
スポンサーサイト



コメント

No title

上の2作だけ知らなかった作品。今度読んでみますね!
詳しい感想はそれからだっ!!

YJしか読んで無いから

久保さんと100人の彼女しか知らんな(・ω・`)

まあみんな可愛いからええんじゃが

Re:

ラグエルさん妄想屋さんコメントありがとうございます

・ラグエルさん
一応上から売れてる順くらいの認識で記事を上げてたので知らなかったのが少し意外でした

まぁ講談社のコミックDAYSがジャンプ+みたいなサイトなので仕方ない面もあるのかなぁ

あと未熟なふたりでございますがは6巻の引きが絶望的に7巻読みたくなるので注意

・妄想屋さん
した2つは大分掲載誌が有名ですからね
他の作品は発掘しないと見つからないので止む無し

興味持ったものの購入をオススメします(ダイマ)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント