FC2ブログ

記事一覧

完結連載を語りたい「僕たちは勉強ができない」

 僕たちは勉強ができない最終回の感想です。

 大雑把な内容としましては、文化祭の直後辺りに時間が戻り、花火は不発だったけど色んな人との未来は無限に繋がってるよ。

 といった感じの内容。

 端的に言えば「俺達の恋愛はこれからだ!」ENDというわけですな。

 さて、個人的にこの終わり方の感想を語らせてもらうとしますと……

 良く言えば、作者が読者の為にifルートによって想像される未来を見せた上で、好きな終わり方をお選びくださいと譲歩した。

 悪くに言えば、誰を明確メインヒロインにするか決められなくて、読者に選んでもらう形を取った。

 こんな感じだったのかなぁと読んでて思いました。

 例えるとするなら……ギャルゲーで全部のルートを作ったけど、自分でこれと決めるのは何か違う気がするから全部やる、みたいな感じ?

 筒井先生はTwitterとかでも読者のツイートに丁寧に返信をしてくださる人なので、相当思い悩んだ末の判断なのでしょうけど。

 この終わり方をやって結果としては全ヒロイン好きの読者が各ルートによって幸せになることは出来た。

 しかし、ある意味ラブコメの決着から逃げたような終わり方にも取れるので、これで良いとは言い切れない終わり方ですね。

 実際に賛否両論の意見が飛び交っているようですし。

 まぁでも、これもある意味ラブコメの新しい一つの決着とは思いますし、全ルートを描くのならばある意味必要な世界線だったのかなぁ。

 何はともあれラブコメの終了に新たな境地を作り出した筒井先生には、お疲れ様でしたと言いたい。

 次回作も本誌で見れるかは分からないけど、楽しみにしておきましょう!

 てなわけで今回の記事は、週刊少年ジャンプ連載作品「僕たちは勉強ができない」最終回感想でした!

 それではまた次の記事でお会いしましょう。
 
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント