FC2ブログ

記事一覧

漫画家「読んでもらえるかな」→読者「この漫画面白いやん! 連載はよ!」→漫画家「やったぜ! 頑張るぞ!」→連載開始になり→読者「つまんね、打ちきりやな」→何故なのか

最近読切では面白いのに連載では評価を得られない、パワーダウンしたみたいな印象を持たれる漫画が増えている気がする

読切は良かったのに連載は……と思われてしまう、それは何故か?
私は考えた末にある持論に至りました

その持論とはこちらです

「読切は時間があるからこそ沢山話を作り込むことが出来る、しかし、週刊連載では読み切りの時ほど煮詰める時間がない」

これが考えた末に、私が今のジャンプで連載が大成しない理由の大きな要因になっていると思います

確かに連載会議に出したネームは、何回も積み重ね作り上げた話であるため、ある程度良いものにはなるだろう

しかし! そのあと作り出す4話目以降、つまり短い時間で話し合いをし作り上げたものは

どうしても最初の話と比べても簡易的なものになってしまう

例えるなら、店で作る絶品ラーメンから、即席で作るインスタントラーメンになるようなものだ

つまり味の質が落ちてしまったことを読者に感づかれてしまう、これこそが読者離れを引き起こす原因だったと思う

ならば、そうならないためにどのようなことをすればよいのか
私はこのような方法が効果的だと思う

その方法がこれ

「毎週1話完結19Pの読切をネーム→原稿に起こす練習をする」

つまり連載をやる前に、連載作家の作る話のペースに慣れてしまえば良いのだ

素早く頭を動かして話をまとめ、内容の質が落ちないような訓練をする

個人的にはこれが今の漫画家さん達に必要な一つのノウハウかな~と思える

アイディアが次々にポンポン出てきて、
何を描くにも困らない人ならまた違うんだろうけど

まぁダラダラと話をさせていただきましたが、これはあくまで私の持論であるわけですので、みなさんはそうとは限りません

なので、みなさんは読切のパワーダウンや改善についてどう考えているのかなあと、ちょっと意見も聞いてみたかったり

なので何か今回の記事に言いたいことがあるよ~と言う人は、ぜひコメント欄の方に持論や意見をくださ~い!

それでは今回はこの辺にしときましょう
また会いましょう、次の記事で!

と、ついでに一言

こういう話をして思ったことだけど、たまにジャンプで作家が原稿を落とした際にやる代原システム

あれは個人的に悪くないんじゃないかなと思う

毎週新人からの19Pの読切枠を作ってほしいくらいだ

P.S コメで序盤に言ってることが藤巻×許斐先生の対談とまるで同じと指摘を受けた点

……時期が被っただけなんです、本当に
あと私についてはそれの改善点も言及していますので、別物の話と思ってくださいな
スポンサーサイト



コメント

うんいやそれ・・・

テニヌ先生とゴノレフ先生が対談で言ってましたよねw
1話目に掛ける時間の話でw
て言うかあのインタビュー読んだ時点でほぼ理解出来た事だと思ってたんですが(^ω^;)
バクマンでもデビュー前に少しやってたし。
あれ?違うのか?

>ついで
そのシステムは賛成ですが、NEXTとGIGAが・・・まぁ月刊と季刊だからってのは分かりますがね。

実は対談前から似たようなことを思っていたのだけど

先を越された←
つーかやっぱりこの辺は連載作家ですね、着眼点がすごい

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント