FC2ブログ

記事一覧

【約束のネバーランド】イザベラの過去、彼女がママになったのは幼少期の想い人、レスリーの為だった、彼女は生きるために子供達を犠牲にしたが、子供達への愛情も本物で……



うーん、今週切ないですね

今週のこの話を読んだことにより、イザベラへの印象が大分変わった人も多いのではないでしょうか

子供の頃にたまたま農園の外の世界を見てしまった彼女

それにより里親を見つけ元気にやっていると思っていた想い人レスリーが、農園の食い物になっていたのを知ってしまった

幸せだった記憶が、残酷なものへと塗り替えられてしまった

しかし死んだレスリーのために、死んだ彼の分も自分は生き延びるために、彼女はママになる道を選んだ

死んでいく子供達を少しでも安らかに眠らせてあげれるように、彼らを愛することのできる道を選んだ

出来れば普通に愛してあげたかったという気持ちを押し殺して

……

切ないですね

そして何よりつらいのが、イザベラはエマやノーマン達とは違い、一人でこの事実を知ったということ

なにより、知った直後に当時のママ、おそらく今のグランマに、行動をコントロールされてしまったこと

彼女ももっと違う形で事実について知っていれば、エマのようにノーマンやレイのような、事実を共有出来た仲間がいれば……

考えても仕方のないことですが、未来を変えれる可能性もあったのではと思うと、とても辛い部分があります

そして最後には素直にエマ達の成長を
認め、逃げるその姿を見届けたイザベラ

脱獄編を通して魅力的な活躍をしてくれた彼女に私は賛辞を送りつつ、安らかな眠りについてくれることを祈っております
スポンサーサイト



コメント

No title

さて、このイザベラの回想からの本心。ここで私は一つのコマが脳裏に浮かびました。

ノーマン:「…………え?…」

もしかしたらイザベラは諦め切れてなかったのではないのか?と希望が湧きました。
まあ予想は「今まで犠牲になった子供全員の写真でも飾ってあった」かなと。
ノーマン生存がどうしても諦めきれない…

ノーマンは生きててほしいですよねえ

でもそうなると、イザベラは何故ノーマンだけを出荷しなかったのかという疑問も残るのですよね

ノーマンが他の子供と違って特別な点が
あったのか

実はエマに確実ないきる道を斡旋するために、ノーマンを出荷したと見せかけることで、より安全な道に導こうとしたのか

……何を話してもノーマンの生存前提の話になっちゃうなぁ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント