FC2ブログ

記事一覧

【左門くんはサモナー】左門くんの故郷にやってきたてっしー、この左門くん育った地で、一体彼女は何を見て、何を感じるのだろうか……



今週の左門くんはサモナー、ついに物語の核心に触れるような、作品の本質を確認するような、そんなエピソードが来てしまいましたね

実は私はこのエピソード、見たいと思いながらも見たくない、そう二つの感情を思っていました

左門くんはサモナーの主人公左門召介の
ルーツに迫るエピソード、左門召介の実家編、いよいよ来てしまった

左門くんの故郷に行ってしまった、
てっしー

何故行ってしまったんだ、てっしー、まだそこにいくのは早いはずだ、てっしー、そこはゴール(連載終了)に繋がる大変な部分なんだぞてっしー

メインヒロインの……ヒロインの君がその場所にいっちゃダメだ!

まあここ最近の左門くんのエピソードを見る限り、てっしーはいつか行っちゃうんだろうな的な予感はしてたのですがね

そのくらい彼女は強く左門くんのことを心配していたのは良く分かるし、同時に彼のことを知りたくなったのも良くわかる

何故なら読者の私も、ずっと知りたかった部分だったから

祓魔師の家系であった左門くんが何故家を飛び出し、召喚士になったのか

それはアンリさんとの出会いやネビロス閣下との過去編で大分明かされてきました

でもそんな中でも語られることが
なかった、祓魔師時代の左門くんの話

彼の今のカス虫な人間性のルーツは、きっとここにあるはず

私以外の読者も、きっと同じ事を思っていたことだろう

そして今回ついにその左門くんはサモナーで1、2を争う案件であろう左門くんの生い立ち、それにメスを入れてきた沼駿先生

実に話作りが上手いなあと思います
読者の興味を非常に引く今回のこの展開

一体どのようになるのでしょうか
シリアスの皮を被った久しぶりの怒濤のコメディ回となるのか

もしくは雰囲気通りにシリアスに、
左門くんという人物を徹底的に掘り下げ、追求していくのか

最後に最も考えたくないルートですが、
これは実は近いうちの最終回に向けた
前ふり、伏線回収のような話になるのか

そんな数々の思考を巡らせて行きながら

私はこの左門くんはサモナー、これからもガッツリと読ませていただけたらなぁと思います

……それにしても、ここ最近の左門くんはサモナーの盛り上がりには本当に目を見張るものがありますね

ベルゼビュート編の閣下やべる様との熱い戦いから、マステマの復活、今回の
てっしーの一人旅など至るところで
王道なエピソード構成と分かっていながらも、毎週ワクワクさせられてる自分がいます

……あぁ、売れろ、もっと売れろ
左門くんはサモナーの売上よもっと伸びろ

伸び続けろとは言わないけど、せめて10万部くらいにまで伸びろ

そうすればきっとここ最近のプッシュやコミックスのストック的な話を含めて、アニメ化の話が回ってくるのは左門くんのはずなんだ

私はアニメになればこの作品は跳ねると信じているのですが、中々理想と結果がついてくることがありません

この漫画が凄い新人賞にもランクインしてたのに、沢山の監督さんや漫画家さんから推薦文ももらってるのに

毎週絵の質も落ちないし、ポスターとかコラボとか仕事も死ぬほど山積みなのに
何故だ……何故売れないんだぁ……

そんな不満を漏らしながら、自分は本当にこの漫画が好きなんだなぁと、肌で感じてしまうこの頃であります

さて、流石に長くなりすぎたので今回はこの辺で締めとしましょうかね
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント