FC2ブログ

記事一覧

最高の映画のために 週刊少年ジャンプ2018年26号感想その4

今週は千世子ちゃんの根っこが見えた回な気がする

アクタージュ

本編
交流会失敗
撮影、暗雲
しかし、続行

感想
千世子がどんな人間か段々分かってきましたね
彼女は利益の為に仮面をつけている
でも根幹として本当に芝居自体は好きなんでしょう

だから少しでもお客さんに喜んでもらうためにあえて自分を殺し、映画を作る上での最善を目指す
まさに黒山監督の言ってた通り、作中で「プロ」に徹している

己の意志で他人を幸せにするために頑張っている、と言えば分かりやすいでしょうか

でも手塚監督はそんな周りに縛られる千世子にもっと自由に演技をしてほしい、殻を破ってほしいと、今回対照的な夜凪をキャスティングしたわけですね

今週ウルトラ仮面の言ってたいないよそんな人って台詞も、千世子が我慢してる、抑えてる部分があるのを、舞台裏の彼女を知ってるからこその台詞ですよね

だからこそ夜凪ちゃんがそのブルドーザーのような周りも気にしないパワフルな演技で、千世子が我慢しなくても良い演技を引き出す、それが彼女の仮面を取る鍵となってくるのではないでしょうか

……ちょっと長くなったな

火ノ丸相撲

本編
止まるんじゃねぇぞ……

感想
火ノ丸……無理すんな
レイナの言うとおりそんな苦しい姿で相撲を取ってても、駿海さんは喜ばないよ
楽しく、もっと自分の為に相撲を取って行かないと
誰か早く火ノ丸に今の道は間違いであることを気づかせてあげてくれ……

ジガ

本編
一緒に人間滅ぼそう→受け入れるしかなかった

感想
主人公情緒不安定過ぎない?
もっと確固たる意志を持ってほしいというか何というか……
でも滅ぼす側に回るかは多分最後の一人が鍵を握るんだろうな
もしかしたらそれがヒロインだったりして

ROBOT✕LASER BEAM

本編
ナイスショット! しかし窮地

感想
ここで銀狼が決めなかったらそれはそれでご都合主義のような……サドンデス行ったら負けるのは分かってるんだが、サドンデス行った方がまだいいかもしんない、漫画的に
銀狼自滅でロボ負けも納得で出来ないし

トマトイプーのリコピン(終)

本編
私達の日常は続く、きっと明日も明後日も

感想
お疲れ様でした
何か今作はやりたいことに一本軸通ってなくてブレブレだったような気のします

シリアスならシリアス、ギャグならギャグ、メルメンならメルヘン、そのようにやることを絞った方が今作はもっと違う結果を迎えることができたのではないかと思います

次回作があるかは分かりませんが、次は頑張ってください

今週は以上です
それではまた来週27号にてお会いしましょう、さよなら
スポンサーサイト



コメント

No title

・役
今の千世子は「二重演技」をしている状態。
「役者:百城千世子」を演じている状態で「カレン」を演じている。
もしこの注力を「カレン」ひとつに絞れたなら……
という話、実は既にそれを描いた漫画あるんですよ。

・末
バイバ~イ♪

なるほど、自分のイメージを作り上げてしまってる分本当の意味で役作りに専念出来てない……的な?

にしても二重演技とか、千世子は本当に器用ですねぇ

でもそれにより自分で作り出した自分から本来の自分に戻れなくなったりしないものなのだろうか?

もしそんなことになったら、それこそスターズの社長が夜凪に指摘してた、危険な存在になりかねない気がするんですけど……

・リコピン
もはや未練すらなさそうな(笑)

……まぁイマイチだったもんね、仕方ないね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント