FC2ブログ

記事一覧

新No.1ヒーロー、出陣 週刊少年ジャンプ2018年28号の感想その1

20180611222716283.jpg


表紙と巻頭カラーは僕のヒーローアカデミア
キリッとした表情のデク君が表紙
今週は本編でも見開きカラーでも出番がなかったので、表紙で目立つようにカッコつけてます

・僕のヒーローアカデミア

本編
ホークスの地元にて個性「羞恥」を発動させようとしていた会社員、恥樫照夫

そんな恥樫をエンデヴァーと歩きながら羽で止めるホークス

さらに事故に遭いそうな犬を助けたりおばあさんの荷物を歩道橋の上まで運んであげる

街中で無数のファンに声をかけられ人気のホークス、一方ファンに声はかけられなかったものの、自分のファンという少年を見つけ歩み寄るエンデヴァー

遠慮するなと握手してあげようとするが、ファンの少年に違うと言われ走り去られ思い悩むエンデヴァー

場面代わりビルの焼き鳥屋ヨリトミドリにて食事をしながら談笑するホークス

無自覚なのか狙っているのか分からないが絶妙に轟とNo.2ヒーローの肩書を引き合いにエンデヴァーを煽る
そんなホークスにそろそろ本題の脳無の噂について尋ねるエンデヴァー

エンデヴァーの言葉に噂についての情報を語るホークス、その話が確証の得ない情報と聞いて帰ろうとするエンデヴァー

しかしそんなエンデヴァーにその噂が全国に広まっている話と、それについて個人的に秘密裏な調査をしていたことを話すホークス

そしてそれは誰かが脳無について不安を煽るような噂をばら撒き、それが全国に伝播したものなのではないかと続ける

話の全容を語らないホークスに簡潔に結論を求めるエンデヴァー
ホークスはこの脳無の噂をエンデヴァーに解明して、みんなを安心させれるようなNo.1ヒーローでいてほしい、そのためにプロデュースをしたいと伝える

そして平和な世の中で、ヒーローが暇を持て余す世の中を作りたいと理想を語るホークス
その時、空中に謎の影と気配を察知するエンデヴァーとホークス

影の正体は脳無、お構いなしに二人の元に突っ込んでくる

ビルのガラスを破りどれか一番強いかと話す脳無
ホークスに会計にやって来た従業員の避難誘導を頼むエンデヴァー

さらに脳無をビルの外まで吹き飛ばし、No.1ヒーロー最初の戦いが幕を開ける!

感想
ファンに対するエンデヴァーさんの変化と距離感への思い悩み、それとホークスというヒーローのヒーロー像が垣間見えた回でもありましたね

エンデヴァーさんの距離感のズレに関しては、個人的には半ば仕方のない部分もあるような気がします

元々エンデヴァーがピリピリしてたのってNo.1ヒーローのオールマイトがいたことによる劣等感によるものが大きかったんでしょうし、それによる焦りや苛立ちが敬遠されて、支持率に影響してたこともあったんでしょうからね

でもそんな一匹狼のような、孤高のヒーロー像に憧れた今回のような子供がいるのもまた当然でしょうから

そんな子供への距離感を今までオールマイトにかまけていたエンデヴァーさんが掴めないのも、致し方ないと思います

この辺は本当に時間をかけて修正していくしかないよなぁ……まぁ一番はオールマイトみたいに、自然体でいることなんだろうけど

ようは子供に当たり散らすようなことをするなって話なわけですからね

んで一方、そんなエンデヴァーとは対照的に自然体で人気者、さらにNo.1には一切興味のなさそうなNo.2ヒーローホークス

彼は地位とかそういうものには縛られず、平和な世の中の為に必死に頑張ろうともせず、でも平和な世のために必要最小限を行う

何か世渡り上手というか、オールマイトやエンデヴァーに比べて要領がいい感じのヒーローに見えますね

器用に俯瞰した価値観で物事を見て、それを解決するための最短、最速を行く

んで、最終的には何もしなくても平和で過ごせるような、そんな世の中に

理想論とか他力本願みたいな思想と捉える事も出来るのですが、私はこの思想、結構好きですねえ

非常に共感もできるし、本当に最高な生活だとも思う

そしてそんな対照的なヒーローの二人が今回どんな形で共闘し、脳無を打ち破ってくれるのか

来週の脳無戦開幕と共に、非常に期待してますね

・鬼滅の刃

本編
回想で黒刀が戦うときに赤くなった話をする女性が一人

現在に戻り過去の記憶に戸惑いながらも自分の刀が爆血により赤くなったのを確認する炭治郎

そして過去に自分を助けてくれた人達を思い出しながら、彼らに答えるために戦う
そんな炭治郎に小細工など無駄と近づく半天狗

しかし爆血刀に無惨の記憶が現れ、炭治郎の姿が耳飾りの剣士と重なる

次の瞬間ヒノカミ神楽日暈の龍頭舞いで斬られる半天狗

三人の頚が同時に斬れる
炭治郎は妓夫太郎を頚を斬った時の動きを完全に体得し、前とは桁違いの威力で技を出せるようになっていた

さらにもう一人の半天狗を斬ろうとしたところで、四人目の半天狗の頚を斬った玄弥を発見する炭治郎
目が鬼のようになり、様子が明らかにおかしい

その中で頚を斬られ苦しむ半天狗達
しかし体は消滅せず、それによりこの半天狗達には五体目、本体がいることを察知する炭治郎

そんな炭治郎に掴みかかり、自分が上弦を倒すと詰め寄る玄弥
そんな玄弥にも曇りなき眼で接し協力を得ようとする炭治郎

そんな炭治郎に驚きを隠せず戸惑う玄弥
それを他所に炭治郎は、茂みに隠れ怯えていた半天狗を発見する

感想
ヒノカミ神楽の刀は戦うと赤に変わる……これ、炎柱の一家に日の呼吸が伝わっていたのも納得の伏線でしたねぇ、素晴らしかった

あと耳飾りの剣士を思い出すたびに記憶を呼び起こす無惨様は、どんだけ日の呼吸の剣士が嫌いだったんだ(笑)

恐怖を感じていたとはいえいくらなんでもビビりすぎだと思う

あと今週のようやく明らかになった玄弥の体の秘密、やっぱり鬼関連の秘密があることは間違いなさそうですねえ

自分の姿を見られて明らかに動揺しているのは、やはりこの姿になると周りの人間から化物扱いとかされてきたからなのだろうか?

玄弥の過去が非常に気になります

でもそんな玄弥をきちんと人間として受け入れコミュニケーションを取る炭治郎はやっぱり長男だよなぁ、きっと次男だったら怯えてたに違いない

と、そんな話はさておき、来週半天狗の撃破はなるのでしょうか

上弦だしまだもう一山あるような気もするのですけど……次週が気になりますねぇ

・ONE PIECE

本編
カイドウとデンデン虫で連絡するビックマム

それを盗聴していた海軍、黄猿が止めに行こうかと話すが、サカズキはワノ国の侍が未知数だからと却下
一方赤い港でそのことについて話すガープを始めとする海軍の精鋭達

マムとカイドウに纏わる「ロックス」という謎のワードが出つつ、場面転換

ステリーが唯一無二の玉座「虚の玉座」にて、世界の王はみな平等であり、世界の平和はこの玉座に誰も座らず独裁の欲を持たない誓いで成り立っているという説明を受けるが、ステリーは座りたいと願うばかり

さらに場面が代わり、チャルロスに捕まりそうになっているしらほし

レオとサイが助けに入ろうとするが、ルッチを始めとするCP0に止められる

ルッチに掴みかかるビビとしらほしを取り戻そうと激昂するネプチューン王

ルッチに殴りかかろうとした瞬間、寸のところで誰かがチャルロスを棍棒で殴り飛ばす

それは過去にリュウグウ王国に漂着しオトヒメに命を救われた天竜人、ドンキホーテ・ミョスガルド聖だった

さらに場面転換、世界最高権力の五老星と、何故か四皇赤髪のシャンクスが接触し……!?

感想
ビックマムとカイドウに繋がりがあったとか、また重要そうな話が出てきましたねぇ

カイドウとビックマムが何かしら関わっていたであろう「ロックス」についても気になりますし、また一つ楽しみが出来ましたなぁ

あとシャンクスは何で海賊なのに五老星と接触なんて出来るんだろうね?

政治に関わるべきじゃないとか言ってるから、ジェルマみたいに国家を設立したりとかしてんのかな?



ま、そんな話は置いといてですね

いくらペットにしたいくらい可愛いからってしらほしちゃんに乱暴するのは良くないと思うんですよチャルロスこの野郎

久しぶりに見たと思ったら相変わらずだなこの野郎、ミョスガルドに殴られてスッキリしたわこの野郎

しらほしちゃん可愛いぞこの野郎

にしてもミョスガルド聖ってまさかドンキホーテの一族だったとはねぇ

何か本当に一族全員まともそうな人だし、何でドフラミンゴだけあんな仕上がりになったんだろうね本当に……命って不思議だわ、まぁそのドフラミンゴもある種他の天竜人とは違う印象はあったけど

・Dr.STONE

本編
ゲンの作戦は、リリアンの歌声と声真似を使っての偽の人心掌握だった

ゲンの作戦を受け入れ、司帝国に恨まれるのも覚悟で人類を救うために動く千空、ゲン、クロム(クロムはたまたま盗み聴いてた)

そのためにまずやるべきことは、ケータイ一つを大樹達に届けること

司帝国の監視役ほむらの目を欺くため音爆弾にて撹乱を図りながら、クロム、マグマ、ゲンのケータイ運搬作戦が始まる

感想
千空、ゲン、クロムのグータッチが、桃園の誓いの劉備、関羽、張飛を連想させてものすごく好き(最終的にみんな死ぬとか細かいことはいいっこなしで、カッコ良ければ良いのよ)

にしてもこの人心掌握作戦なわけだけど、いくら超有名人のリリアンの言葉とはいえ、世界復興の言葉を司帝国のどの程度の人間から信じるものなのだろうか

あと大樹と出会うまでの道のりにも、危険は一杯あるわけで

確かに魅力的な作戦ではあるけど、危険な作戦でもあるよなぁ

ま、そのくらいのスリルがあってこその漫画であるとも言うべきなんだけど

来週クロム達にどんな展開が待っているのか、注目ですね

・ハイキュー!!

本編
回想
ゲームクリアしてしんなりしてる研磨

現在
1セット目が終了してコートチェンジ
レシーブが上手くなったと日向を褒める研磨
さらに1セット目はサーブが日向を狙ったもので多かったと話題は日向で持ち切り

一瞬調子に乗りかかる日向だが、影山の言葉で気を引き締める

その後は冷静に動き出しの確認をして、作戦を組む烏野

一方いつもより研磨がやる気な様子でミーティングが進む音駒

烏野が1セット目を落としたのをウキウキする木兔と蛇の主将

2セット目スタート
福永のサーブをレシーブした日向が横に走り抜けてブロード一閃!

そんな日向を見て笑顔を見せる研磨に、日向は悪寒を感じ警戒する

感想
2セット目早々日向活躍!

しかしまだまだ音駒の底が見えなくて、いくら得点を決めていたとしても、安心は出来ませんねぇ

このセットを落としたら敗退も決まってしまいますし、このままストレート負けと言うことはないのでしょうけど、このあとどう音駒の守備を崩して行くのでしょうか?

烏野と音駒のごみ捨て場の決戦、まだまだ盛り上がりそうです楽しみですね!

てなわけで今回はこの辺で!

続きの感想その2にてまたお会いしましょう!

……細かく書いたら久しぶりにやたら長くなったような……気のせいかな?
スポンサーサイト



コメント

ここ十数日の沈黙はゲームが原因w

・ヒロアカ
>平和な世の中の為に必死に頑張ろうともせず、でも平和な世のために必要最小限を行う

さて、そんな人が噂程度の理由で全国飛び回るでしょうか?
ホークスは自分は「象徴」には向かないと自覚しているんでしょう。
それは楽をしたいという後ろ向きな理由だけではなく、自分の個性が援護向きだと思っている。
実際やっている事は凶悪な敵討伐ではなく救護や支援、小犯罪の予防(恥樫の制止)です。
私好きですこういうお方!

・鬼滅
無惨様もともと極度のビビりですよ?人であった頃から「自死」を極端に恐れてます。
鬼になって「死」から逃れられたのに殺されそうになったら、そりゃ大嫌いになりますわw

ゲームは面白いからね、仕方ないね

ラグエルさんコメントありがとうございます

ヒロアカ
なるほど、そう言われると確かにホークスの個性は救護支援向きですね、ラグエルさんのコメント見て何か書いてて違和感あった部分がしっくりきました

ホークスは平和な世の中の為に、自分のやれるべきことを支えるように全力でやってるわけですね

言うならば全力の縁の下の力持ち
こういうトップを陰ながら支えるキャラは私も好きです、黒子のバスケも好きですし

・鬼滅の刃
無惨様の本質は鬼との戦いや珠代さんの話から何となく理解はしてるのですが、あまりにもフラッシュバックし過ぎかなぁとw

まぁ、死の恐怖に怯えるということ自体は分かるのですがね、人間は誰でもそうでしょうし

OP

まさかの鈍器一族www
ミンゴだけ何やねんw

Re: OP

妄想屋さんコメントありがとうございます

> まさかの鈍器一族www
> ミンゴだけ何やねんw
本当にドフラミンゴだけよく分からないですよねぇ

異端児が登場したことで、世界の情勢を揺るがす作者の運命的なものだったのかな?

今回の話でもかなり重要な秘密を知ってるっぽいし、気になるところ

No title

鈍器ホーテだからじゃない?w
まあそれだと尚更「ミンゴだけ何やねん」だけどwww

Re: No title

> 鈍器ホーテだからじゃない?w
> まあそれだと尚更「ミンゴだけ何やねん」だけどwww

上手いこと言いますね(感心)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント