FC2ブログ

記事一覧

終了作品を語りたい「ROBOT✕LASER BEAM」

20180626223932b81.jpg

藤巻先生ファンの私が、これを語らないわけがない

はい、てなわけで続けて終了作品を語りたいになります

続いては「黒子のバスケ」でジャンプで一山当てた元看板作家の藤巻忠俊先生のゴルフ漫画「ROBOT✕LASER BEAM」について語っていきたいと思います

本作は作者の藤巻先生自身も大好きなスポーツ「ゴルフ」をテーマとした

正確無比でスイングで真っ直ぐにレーザービームのような美しいショットを、ある理由でゴルフ未経験で打てる主人公、鳩原呂羽人と

ゴルフを愛し天才的な身体能力を持つ超高校級のゴルファー三浦鷹山

二人があるきっかけでゴルフ勝負をしたことでライバルとなり

呂羽人がライバルの鷹山を追いかけてゴルフの世界へと飛び込む、というゴルフを通しての成長物語でした

二人以外にも高校生最強の鷹山大好き変態ゴルファー朱雀恭介や、七色のショットを持つヴェッジの魔術師烏丸草太、変幻自在にボールを操る変則野生児ゴルファー久瀬銀狼など

藤巻先生らしい個性的なキャラクターがいたものの

連載は1年を少し過ぎた62話で終了となってしまいました

さてそんな個性的なキャラクターがいながらも虚しく終了となってしまった今作

一体何が行けなかったのか、個人的に分析してみたのですが

まずは物語の序盤に始まった高校ゴルフ編
こちらであまり支持を得られなかったのが一つの敗因だったのではないかなと思います

高校ゴルフ編では主にライバルの鷹山と変態帝王朱雀恭介君が率いる東北国際高校との団体戦がメインとして描かれていたのですが

正直帝王以外のキャラ立てが上手く行ってなかった気がするのですよねぇ

それに加え団体ゴルフという読者もほとんど知らないであろう長いゴルフの試合

藤巻先生得意の必殺技などを駆使しても、イマイチ盛り上げることの出来ませんでした

本来ならたぶんこの高校ゴルフ編で出た全国区の選手達がプロでもぶつかる

藤巻先生はそんなシナリオを浮かべていたのかも知れませんが、それが叶わず人気の都合上止むなくプロ編に移行

当初のプランを大幅に崩してしまったことにより、キャラ作りとシナリオ作りどちらにも追われてしまったのではないかと私は思います(あくまで管理人の予想です)

んでもう一つ、多分こっちが、本作打ち切り最大の要因だったと思うのですが……

ゴルフという題材が、藤巻スポーツ漫画に恐ろしくフィットしなかったこと

こちらが、終了に繋がった致命的な点だと思うのですよね

前述にも必殺技などを駆使しても試合を盛り上げられなかったと書きましたが、これは本当に文字通りの意味でして

黒子のバスケの黄瀬のパーフェクトコピーとか、赤司のエンペラーアイとか、そんなとんでも技がゴルフというルールに縛られたことでやれることが限られてしまい、発動してもイマイチだったかなと思いました(最初の紅蓮焔や瑠璃雫は笑ったけど)

打ってピンに寄せるが基本のゴルフと、動いて選手同士の攻防を見せれるバスケでは、技出すまでの過程の面白みに差が出てしまったんですよね

ただ打つだけと打つまでの駆け引きがある、この小さな差が藤巻スポーツの持ち味を狭め、技を型にハメてしまった

作中の表現に、人間の限界と技の限界がかけられてしまった

自然とかけられてしまった限界が、連載の寿命を縮める結果となってしまった

……とまぁここまで語ってきた本作なのでありますが、ようは私ぱいなっぷるは何が言いたいのかと言いますと

作者に実力があり気分も乗って描きたい作品であっても、それが作者が面白く描ける作品かどうかは、別問題って話ですね

今回のこの終了は、藤巻作品にゴルフが合っているようで合わなかった

そんな不思議なめぐり合わせが引き起こしたものだと私は思います

ですが前述した通り藤巻先生には漫画家としての一定以上の実力はあると思いますので

今作は駄目でしたがまだまだ面白い作品を描いてくれるのではないかと、私はまだ期待をしています

藤巻先生が早めに次回作を引っさげて、本誌に帰ってくるのを私はゆっくりと待ちたいですね!

そんなわけで今回の終了作品を語りたい、お送りしたのは藤巻忠俊先生の「ROBOT✕LASER BEAM」でした

それではまた次の記事でお会いしましょう

こちらの作品も感想等ありましたら、ぜひコメント欄で聞いてみたいですね
スポンサーサイト



コメント

No title

>ゴルフという題材が、藤巻スポーツ漫画に恐ろしくフィットしなかったこと

すっごい腑に落ちましたw
テニスや卓球も合わなさそう。逆に合うのはサッカーやアメフトか(球技に限定してます)
チーム戦はあっても詰まるところソロプレイな競技は合わないんでしょうね。
リレーとか面白いかも。継走選手の前方にタスキを投げて受け渡すとかwww
ダメだ、違う方の面白さだコレwwwwwww

案外ストレートに異能者同士のバトルトーナメントのがイケるかもしんない!

藤巻先生に関しては題材ミスしただけで実力は十二分にあるとおもうので頑張って欲しい。
あとは黒バス終盤のような「大セール」をしないことですね。

Re: No title

> チーム戦はあっても詰まるところソロプレイな競技は合わないんでしょうね。

コンビプレーとか乱戦のが描くのが難しいと思うんですが、それが短所ってのは珍しいパターンですよね

それも含めて藤巻先生の才能なのかもしれませんが

> 藤巻先生に関しては題材ミスしただけで実力は十二分にあるとおもうので頑張って欲しい。
> あとは黒バス終盤のような「大セール」をしないことですね。

ですね、次は自分に合った題材で頑張ってほしい
全員ゾーンとか、過去編の111-11事件みたいな惨劇はもう見たくないですからね

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント