FC2ブログ

記事一覧

最近良く切られるジャンプ新連載にありがちなこと

作品を構築し切る前に時間がなくなって切られてしまう

何か近年切られた新連載は、新人ベテラン含めこれで失敗してると思います

主人公の魅力が伝わる前にに突然主人公の過去回想が始まったり

ストーリーだけが一人歩きして人物が置いてきぼりになってしまったり

そもそもキャラを立てるつもりがなかったり

そんな作品が、結構多いです

物語というのは特定の登場人物が世界観を通してその人間性が明かされていくとか、話の過程で成長する姿を描くものなのに

それをすることなく振り回されて切られる作品が多い気がします

逆にその辺を上手く描けてる鬼滅の刃、呪術廻戦、アクタージュ等は、我慢の末ようやく目が開いた、という印象を受けます

インスタント過去回想で有名なブラッククローバーとかも、短い簡略化ながらもその辺を上手く描けてると思います

そういや本誌の重鎮休載作家冨樫先生も、本誌で似たようなアドバイスをしていた気がします

漫画家になりたいと思う卵の皆様へ、話作りの勉強をしてください

もしくは読者を驚かせるような魅力的なキャラクターを作ってください

漫画家を目指すなら絵を描いてる暇なんてないはずです、と

……今考えるととんでもないこと言ってるねこれ
まぁある意味心理だと思うけど

ドラゴンボールの元担当のマシリトさんも、漫画家になりたいなら国語を勉強しろと言ってましたね

読者を引き込むものの創造、漫画でヒットを飛ばす上にはこの辺がやっぱり欠かせないのかなと読んでて思いました

そして新人さんにはそんな読者を引き込めるようなものを作れるように、ぜひ頑張ってもらいたいですね

今の本誌では特に、アリスと太陽とキミを侵略せよ! には

まぁそんな心の叫びを伝えたところで、今回はこの辺で

余談
ジャンプ……サンデー……新連載……そろそろ来い(願望)

あと色々言ったわけだけど、ジャンプという環境でそれをやるのって凄い根気のいることなんだろうなとも同時に思いました

常に最終回の構想をしてる松井先生とか、20話先まで考えてると言われてる稲垣先生は凄いわ
スポンサーサイト



コメント

No title

世の中、絵が上手くなくても大ヒットしている作品は多々あります。でもその逆は極めて少数。
これを鑑みると、やはり富樫の「絵より中身」がいかに真実かがはっきり分かりますね。

個人的に、キャラの掘り下げは中盤後半で良いと思います。
暫くは上澄みを掬わせて謎を残す。ただし、謎を「わざと残している」とちゃんと示すこと。
OPもDBもSKも(SKが何だか分かったら凄いw)大ヒット作品は須らくこの手順を踏んでいます。
じゃあどうすれば読者を引き付けられるほどの謎を作れるか?といったら、
行き着くところは「物語の深さ」及び「キャラクターの魅力」です。
それらを生み出すには「知識(経験含む)」が多ければ多いほど良い。

ギャグ漫画の場合は、当初のコンセプトを決して崩さないこと。
斉木は「超能力を駆使するが本質的に振り回されている」点は最後まで崩していませんでした。
磯部ではキャラクター磯部母の存在が非常に大きかったと思います。

色んな作品を読んで発想力を鍛えるのが大事だと思います。ホントどういう発想力があれば
ブッダとキリストを立川に住まわせるギャグ漫画なんて思い付くんだかwww

追記

絵より中身といえど下書き掲載連発&休載連発はもっと根本的な問題です。

Re: No title

コンセプトを崩さないは大事ですねぇ
今の新人さんに一番気を使ってほしい部分
キャラ作りは葦原先生くらいには頑張ってほしい

> ブッダとキリストを立川に住まわせるギャグ漫画なんて思い付くんだかwww

中村光は天才、多分頭の仕組みが根本的に違うんでしょう、良い意味で

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント