FC2ブログ

記事一覧

高校生が出会った最強の格闘技? ジャンプ読み切り、島袋光年「ちんぎり」

ども
いつも通りに読み切り感想です
今回はジャンプの人気漫画、「トリコ」作者の島袋光年先生の新作ギャグ漫画



この「ちんぎり」です
元々「世紀末リーダー伝たけし!」にて
ギャグ漫画を描いていた島袋光年先生
今回は原点回帰ということで再びギャグ漫画で本誌に帰還しました

そんな「ちんぎり」は、一体どんな漫画
だったのか?
早速あらすじと共に感想を書いて
いきましょう

あらすじ
柔道とか柔道とか柔道とか主に柔道をやって来た自称最強の高校生、そんな彼が道中突然謎の格闘技「ちんぎり」の達人、
裕ちゅーばーと出会う、果たしてちんぎりとはどのような格闘技なのか?

まああらすじはこんな感じですかね

それじゃあ詳細を見ていきます
今回注目するのはこの三点です


ストーリー
ギャグ

この三点を見ていきたいと思います

まずは一つ、絵
こちらは島袋光年先生特有の濃い絵柄でいつもの感じでした

この絵柄は私は島袋光年先生にしか出せない個性だと思ってるので、悪くないとは
思っています

だがしかし

今回はちょっとキャラデザがギャグよりで独特すぎた為に、この濃すぎる絵が仇となり少しくどく感じた印象を受けます
バトルでは迫力あるんでしょうけど、これギャグ漫画ですし

もう少しあっさりした絵の方が見やすいですし良かったかなあと思います

次に、ストーリー
今回はこのストーリー、架空の格闘技、
「ちんぎり」をテーマに、「ちんぎり」とはどのようなものかについて追求する漫画だったわけですけど

えっと

これギャグにする必要ありました?
個人的にはこの設定でキャラデザをもっと変えるなりして、いつものような王道バトルをやっておけば良いなと思ったのですが(結局ラストはバトルしてたし)

何かシンプルで単純明快だった分、勿体なかった印象です
ギャグにしたがゆえに一発ネタになってしまった印象が拭えません

非常に勿体ない

そして最後に、ギャグです
これが個人的には、私が一番言いたかった部分なのですけど

……数を盛り込んできたのは凄いんですけど、その一つ一つがベタ過ぎて、イマイチ笑いどころが分かりませんでした

多分好きな人は大好きな感じのギャグなんだと思うのですけど、私は笑えなかった
良くできてるな~とは思ったのですが、凄まじく感性と共鳴しなかった……

はい、では今回はこれで総評に入りましょう

総評
それでは総評です
私が全部読んでみて、この「ちんぎり」、私がどのような印象を抱いたのかと言うと……

多分ベタなギャグを好んだりする人には凄く好まれそうなギャグなんだけど、掛け合いで笑わせてくるコメディや、奇抜で
シュールな笑いが好きな人には、とにかく合わない読み切りかなと思いました

でもいつもの島袋光年先生の個性が溢れた良く練られた作品にはなっていて、漫画の完成度自体はとても高いと思います

小学生とか若干高齢な大人には人気の取れそうな作品かな? という印象
しかし現代の若者の感性にはイマイチ
フィットしなさそう
とにかく読者を選ぶ、そんな感じです

今回は私は合わず面白いとは正直
思えなかったのですが、未読の人は合うかどうか読んでみる価値はある作品だとは思います

さてそれでは今回の「ちんぎり」、いかがだったでしょうか?
記事を読んで何かありましたらいつものようにコメント欄にテキサスコンドルキックを決めに来てください

それではジャンプ読み切り感想、今回紹介したのは島袋光年先生の「ちんぎり」でした

次回もお楽しみに!

今回はここまで!
スポンサーサイト



コメント

おっとこれは…

記事にするというので肯定側なのかと思っていたら意外と辛口評価w
そうか、辛口でも取り敢えず記事にはする。そういう方針なのですね。

仰る通り、全体的な構成は流石に連載作家だけあって見事なものなんですが、
肝心要のギャグが「クソ寒い」。ここまで来るとトリコ愛読者でさえ引く気がします。

内容には素直な記事、それが私の方針です

蔑むようなことはしないけど、見た内容については思ったままのことを書かせてもらう記事を書きたいと思っています

だって面白くなかったものを面白く書くなんて、まず無理じゃないですか

でも、記事にも書いた通りこの漫画、好きな人は多分好きなんだろうなとは思いますよ
おっしゃるように連載作家特有の安定感はありますし

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント