FC2ブログ

記事一覧

二人の夜、布団の中で 源君物語 第332話「カードの縁」

20190217002544ad0.jpg
センターカラー、告白後花火の中の二人

そんなわけで今週の源君物語は

夏祭りから帰り二人で光海の部屋へと戻ってきた光海と夢告ちゃん

光海は夢告ちゃんに、何故夏休みのバイト中の間だけ付き合って欲しいのかを尋ねます

光海の言葉に夢告ちゃんは、占いで9割恋愛の相談を受けるのに、自分は恋に全く縁がなかった
その中で、光海にはカードで相性的に強い縁を感じたからとのこと

夢告ちゃんの言葉に、彼女は自分を好きになったわけではなく、占いの縁を信じて交際しようとしてるのに気づく光海

しかし自分は短い時間とはいえ夢告ちゃんという存在に和みを感じたので、15日だけなんて嫌だ、大学も一緒だし付き合うならキチンと付き合いましょうと夢告ちゃんに話す光海

光海の生真面目な言葉に、困らせてるのは分かっているけど、今後占いに専念する為に大学を辞めるつもりだから付き合うのはひとときが良いと話す夢告ちゃん

そんな二人のいる部屋に夢告ちゃんの声がしたと近づく彼女の姉二人

部屋を開けられたが、その場を布団の中に入りやり過ごす二人

若い男女が布団で二人、何も起きないはずがなく……

といった今週の展開でした

主に夢告ちゃんの告白の意図について明らかになった展開ですね

先週の告白は、今後占いをやるのに必要な経験として、光海と付き合いたいというものでありました

……ですが、実はこの展開、私的に少し引っかかる部分があるのですよね

前回の感想記事には細かく記載していなかったのですが、実は夢告ちゃんは前回の告白の前に、光海が夏休みのバイトが終わってからどうするのかについて、さり気なく聞いているのですよ

なので、実はカードの縁だけではなく、一緒にいるうちに光海の事を好きになって、あわよくば夏休みが終わった後も光海と一緒に……的な気持ちが芽生えてるんじゃないか、と勘繰ってしまったんですね

光海が大学をやめてそのまま夢告ちゃんの家へ嫁げば、結果的に大好きな占いも出来て好きな人と一緒に……みたいな考え方も出来ますし

まぁでも普通に一時的に付き合って後腐れなく関係を断つために言ってるのかもしれないので、これに関しては深読みしすぎかもしれない

20190217011808583.jpg
管理人がそんな夢告ちゃんの恋心の在り方について考えてる間に、流れるように同衾した光海と夢告ちゃん

果たして来週は布団の中でおっ始まってしまうのでしょうか?

思わずオラワクワクすっぞ! と言いたくなる引きの中、その先は次回へ

さてこの後どうなるのか……ドキドキしながら次号を待つとしますかねえ

てなわけで今回はここまで!

また次回の感想にてお会いしましょう!
スポンサーサイト



コメント

イヤッホーウ(AAry

よしそのままヤッちめえ(言い方

Re: イヤッホーウ(AAry

> よしそのままヤッちめえ(言い方

はげどうでおっ始まってほしいところですが、人様の家で良いのだろうか?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント