FC2ブログ

記事一覧

週刊少年ジャンプ2019年12号の感想

201902192147365af.jpg
7周年記念巻頭カラーハイキュー!!

まだまだ終わる気配なし、テニプリ超えるか?

・ハイキュー!!

本編
烏野の準々決勝の相手鴎台高校は、エースの星海光来のみではなく、伊達校クラス、もしくはそれ以上のブロックを誇る強豪校だった

でもそんな中でベスト8まで来た、次勝てばセンターだと意気込む烏野、各々休息を取りながら、次の試合に向けて士気を高めていく

そしていよいよ試合直前という時に、たまたま試合を見に来た小さな巨人に出会う日向
しかし小さな巨人はバレー以外にやりたいことがあったし、大学等からも声がかからなかったからバレーはやめたと話す小さな巨人

その小さな巨人の言葉に、思ったよりガッカリしてないと影山に言う日向であった

感想
ユースクラスの超エースに伊達校並のブロックとか鴎台強すぎ……今の成長した烏野ならば対応できるとは思っているが、全国トップクラスのブロックに日向がどこまで食い下がれるだろうか

そして小さな巨人はまさかバレーをやめていたとは……確かに高校バレー以外の部分は全く描写されていなかったけど、活躍はしてなくてもバレーは続けてるのかと思ってたからそこはちょっと意外

でも日向がガッカリしてないのは、きっとここに来るまで小さい自分に無数の困難があったからなのと、自分がもう憧れに手が届くところまで来てるからなのかなぁ

だとしたら日向は大分精神的にも大人になったなと感慨深い
目の前の目標だけじゃなく、周りが見えてるというかそんな感じがする

・Dr.STONE

本編
航空写真と農耕により食料調達、フランソワ加入により保存食作りが加速する石神村

さらにスイカとコハクの活躍によりイノシシを使って黒トリュフを発見、相良油田の糸口を掴む千空達

人海戦術で油田を探し始めるものの、写真のピンボケと森の広さから油田を発見できない

そんな中イノシシが相良油田発見の由来であったことを思い出す千空
捕まえたイノシシはフランソワに調理されてしまうところだったが、寸のところで間に合った

感想
先週出てきたカメラによる航空写真で発見したイノシシ、森の植物と動物に誰よりも詳しいスイカ、超視力を持つコハク等、人間と科学の融合により見事に油田への手がかりを見つけ出した千空達

ちょっとトントン拍子に進みすぎてる気がしなくもないけど、今まで出てきた仲間や科学の力が話を進めるために重要な立ち位置を担っている、「これがなければ話が進行しない」話の作り方がとても見事でした

農耕、制作、創作できちんと組織的にチームが動けているのも素晴らしい

この調子でドンドン村を発展させ、早めの船作りに取り組んでもらいたいですね

・ONE PIECE

本編
オロチに小紫、おロビにお庭番衆と、大混乱の城内

その中で狂死郎の親分が、小紫を反逆の罪にて斬って捨てる

小紫が斬られた悲しみはおトコへと向かい、今度は再び彼女を亡きものにしようと襲いかかるオロチ

そんなオロチに向かってゼウスを利用した攻撃「雷霆」を放つナミ

一方その頃チョッパーは記憶を失ったビックマムを手懐け、ルフィ達を助けに監獄兎丼へと向かおうとしていた

感想
小紫に惚れているような描写を見せていた割には、あっさりと彼女のことを斬り捨てた狂死郎

でもこのまま小紫さんが退場になるとも思わないので、斬り捨てたと見せかけて急所は外してるのかなぁ

何か光月家の紋を見て意味深な様子を見せてるのも気になるし

一方記憶を失ったことにより完全に悪の感情が消え去ったビックマム

ここで上手いことルフィとの絡みを描いて、協力関係を得られればいいなぁ

脱出寸前に記憶を取り戻すとかはいらんよ、本当に

・鬼滅の刃

本編
獪岳と共に落ちていく善逸だったが、途中で突然現れた愈史郎に助けられる

愈史郎は村田さん達一般の隊員達とチームを組み、仲間の救護と援護に動いていた
その中で自分の飛ばした目から、誰かが何かに遭遇するのを察知する

その頃無惨を探し移動していた炭治郎と義勇さんは、無惨パワハラ被害者上弦の参、猗窩座さんが遭遇し、ここで会ったが百年目と言わんばかりに炭治郎に襲いかかる

最後に珠代様が必死に抵抗しながらも、無残に変貌した無惨様に吸収されかかっていた

感想
とりあえず獪岳さん弱すぎるなぁと思っていたから、今週キチンと強くなかった理由についてフォローされてて良かった

上弦なりたてだからロクに血鬼術を使いこなせて無かったのね

にしても修行したとはいえ一応下弦の鬼と戦えるようになってる村田さんが地味に強い

まぁそんなことより今週は猗窩座さんだけどね!

煉獄さんの列車編から一年以上の年月をかけての炭治郎との再会

今回は義勇さんとのタッグ戦でもあるし、炭治郎も柱稽古と日の呼吸により確実に成長してるから、今回はぜひ雪辱することを期待したい

でも愈史郎君の見立てだとまだ力は上弦のほうが上っぽいし、間違いなく苦戦はしそうだなぁ

伊達に猗窩座さんも煉獄さんを倒してるわけではないので、不安は広がる

・僕のヒーローアカデミア

本編
夜、かっちゃんと交流戦で出た個性が発現するかどうか試してみるデク

しかしその個性はデクが意識的にロックをかけた為に発動しなくなった様子

そんな複数の個性を所持するワン・フォー・オールに、オール・フォー・ワンをダブらせるかっちゃん

個性への懸念を残しながらも一旦中断し、A組とB組の交流に加わるデク
そこで轟君と個性について話をし、轟君はエンデヴァーに個性について教えを乞うことを決意する

翌日、エリちゃんの元にやって来る物間君、ミリオ、デク
相澤先生はもし物間がエリちゃんの個性をコピーして使い方を教えられる事が出来れば彼女が楽になるのではと考えていたが、物間の個性はその個性の性質しか真似できず、エリちゃんの個性を使うことは出来なかった

自分の個性がみんなに迷惑をかけていると落ち込むエリちゃんだったが、デク君の優しい応援で気持ちを持ち直す
それと同時に、自分も必ず個性を使いこなすとその力を新たにするのだった

感想
派生されたようで実は本質は表裏一体なワン・フォー・オールとオール・フォー・ワンみたいな話はいつかされるだろうとは思っていたけど、今後どのように違いを分別していくのか気になる

逆にオール・フォー・ワンの関係者として狙われたりするんじゃないかって不安も出てきたり

あとようやく少しずつお父さんに歩み寄ってる様子の轟君
ここから少しでも関係が改善されればいいなぁ

にしても、確かに人に見せてはいけないような有様だとは思うけど、ちょっと物間君に対し辛辣すぎるんじゃないかなぁミリオ先輩と相澤先生

流石に普段はヤバイやつでも、こんなに可愛いエリちゃんに変なことを吹き込んだりはしないでしょう流石に

流石にそれをやったらヴィラン以下の畜生ですよ
……やらないよね?

・私のヒーローアカデミア

本編
テツテツは男らしいのに意外と繊細で可愛い

感想
テツテツがとにかく可愛い

・約束のネバーランド

本編
どうしたらいいか分からないというエマに俺も分かんねえ、でも今回の選択は未来にも関わる重大な選択なので、悩むだけ悩んで決めた方が良いと話すレイ

ソンジュやムジカの例外的な存在、今後の方針を改めてノーマンに相談しようとノーマンの部屋へ行く二人

部屋にはノーマンはおらず、その代わりノーマンと腹心の幹部達がいた

出直そうとするエマ達だが、幹部達はエマ達に興味があるからとお茶でも飲んで行けと引き止める

感想
鬼絶対滅ぼすマンの幹部達とエマ達の邂逅、思想的に間違いなく合わないので、対立は避けられなさそう

でも一番苦労しそうなのは、ラムダ農園のシステムとエマ達の性格を一番理解してるノーマンっぽい

エマ達の話を無下にして、二人がこの場から離れるなんてノーマンも望まないだろうからねえ

ここからどうなっていくのか

・火ノ丸相撲

本編
刃皇に勝利し感極まりながら花道を後にする冴ノ山

そんな冴ノ山山を迎え入れる柴木山一門
その中で冴ノ山の大関取りの為に一番でも多く勝ち優勝のための援護射撃をするという火ノ丸

火ノ丸の言葉に、私のために相撲を取るのではなく自分ために取れ、私も君もまだ優勝圏内、このまま互いに勝ち続けて優勝決定戦をしようと火ノ丸に声をかける冴ノ山

その言葉に自分をライバルであると冴ノ山が認めてくれていると嬉しく思う火ノ丸
きっと刃皇も残ってくる優勝決定戦に向け力をつける為に、明日の童子切戦に気合を入れ臨もうとするが……?

感想
自分を立ててくれようとする火ノ丸に私の為に相撲を取るんじゃないと声をかける冴ノ山関カッコいい

兄弟の事をしっかり認め、先に進むためにその背中を見せつつ導く、最高の兄弟子じゃないか!

そんな冴ノ山の勝利に涙を流している堀ちゃん……これはあれですね、完全に落ちちゃってますよね堀ちゃん

関脇にして若妻まで貰えてしまうとか羨ましすぎますね……まぁそのくらい冴ノ山がカッコいいのもあるんだけど

にしても、御手杵が割とアッサリ鬼丸に負けてしまったのがちょっと残念でなりません
てっきり彼は天下三名槍の最後の一人として活躍してくれると思っていたのに……残念だ

次の取り組みの相手の童子切も出場できるのでしょうか?
刃皇の優勝阻止に燃えていた分、ここで休場なんてことになったら嫌だなぁ

力士生命に関わりそうな故障なら仕方ないけどね

あ、後地味に下位相手に部長が無双してるのも気になる、このまま勝ち進めば鬼丸との対決も見えてくるかな?

その前に中断された蜻蛉との取組はぜひ本場所でもう一回やってほしいけど

アクタージュ-act age-

本編
巌さんの葬儀、その中でマスコミに注目を浴びる夜凪

一方喫煙所で手塚さんに誰かが来ていることを知らされる黒山

その頃、アキラ君のインタビューを交えつつ話す劇団天球のメンバー
そこにアリサさんがやって来て、夜凪に潜りすぎて自分が自分ではなくならないための忠告をしてその場を立ち去る

それと入れ違いになってやって来た謎のプロデューサー天知心一
彼が夜凪と接触したことを黒山に伝え、彼女をこの世界に引き込んだのはあなたなのだから、責任を持って守護れと続けるアリサさん

天知心一は自分で自作したと思われる夜凪の経歴について触れた記事を見せ、今度は私の見世物になりませんかと提案する

感想
爽やかに舞台編が終わったと思ったら、マスコミを交えて話がドロドロして来たぞ〜

プロデューサーの天知心一は恐らく夜凪の経歴を大々的に公表して、それを種に知名度を上げさらに仕事を増やす糧にしよう的な提案かな?

でも家族関連の話とか絶対夜凪が触れてほしくない心の闇みたいな部分だし、アリサさんに事前に良い話には気をつけろと言われてるから、ここは口説き落とす事は難そう

これからは演技以外にもこういう対外的な要素で、夜凪がメディアなどに揉まれながら戦っていくことになるのかね

そしてそれを守護る為の黒山さんであると

ぜひとも無垢な夜凪ちゃんを悪者から守っていただきたい

・ぼくたちは勉強ができない

本編
勉強とバイト、どちらも全力で頑張るが過労で電柱に頭を打ちあしゅみー先輩のお父さんの病院のお世話になってしまう成幸

そんな成幸に今日はもう遅いし泊まっていきなさいと言うお父さん
用意された部屋で休んでいると、今度バイトできるナース服を着てナースプレイ成幸労いにやって来たあしゅみー先輩

ハプニングでベットインしたり、その光景をお父さんに見られるも、そこに急患がやって来る

急患の患者を手厚く看病し、お金も取らずに返してあげるあしゅみー先輩のお父さん
そんなお父さんをお人好しと思いながらも追いかけてる自分も十分バカだと言い、成幸にも、自分で決めたことなら引け目なんて感じず好きに生きろ、と優しくアドバイスするあしゅみー先輩なのでした

感想
小美波診療所で行われたナースプレイ成幸への労いと、自分の信じた道なら真っ直ぐ諦めずに進みなさいという教訓回

今回のあしゅみー先輩の台詞は、一度浪人しながらも諦めずに頑張ってるからこそ言える台詞なんでしょうねえ、重みがあるわ

……いやぁそれにしてもあしゅみー先輩のナース姿は最高でしたね、白衣の天使というのはやはり男心をくすぐってくれるというか

今回はきっちりとからかい上手要素もありましたし、サービス面でも性格面でもあしゅみー先輩の持ち味が存分に活かされた回だったのではないかと思います

・FANTASIES 大須賀玄

本編
ギャングが支配する巨大都市『セント・アリア』にて人助けをしながら生活しているギャング『ジャンク・ホール』
そんなギャングのボスヴィクトルは、街の人に愛される超がつくお人好し

街で彼が人助けをして生活する、街に突然現れたギャング「ブラッズ」のボス「フィリッポ」
フィリッポに連れ去られようとしていたパン屋の娘ジーナを救い、人前だからとその場では命を取らずにフィリッポの事を逃がすヴィクトル

ヴィクトルは去ったフィリッポの襲撃を読み、真夜中に備える
フィリッポは『幻獣花』(ファンタジー)という特殊な「ドラッグ」を飲んだ異能力者だった
しかしヴィクトルが束ねる『ジャンク・ホール』の構成員は全て幻獣花の使用者で、やって来たブラッズの構成員をアッサリ返り討ちにするヴィクトル達

そんな彼らを取材に来ていた元警察官の記者エレナは、彼らは強い信念を持ち街を守っており、いつか恐怖で支配された「セント・アリア」を変えてくれるのではないかと、記事に載せるのだった

感想
ゴーレムハーツを連載していた作者大須賀玄先生の新作読切

前作の感情のあるゴーレムというキワモノの設定から売って変わり、街を守るギャングを描いた正統派のバトル読切

表紙はそこそこカッコ良かったし、話としても分かりやすく読みやすい作りになっていた

不満点があるとすればタイトルにもなっている幻獣花(ファンタジー)が、主人公のヴィクトル以外に思ったより活かされてなかったところ

一応特性を活かした活躍を見せる構成員もいたけど、ただ戦うだけならその能力である必要なくね? と思ってしまった

ヴィクトルがサイクロプスの能力で凄まじい視力と動体視力を見せたみたいに、その幻獣ならではの特性を見せる登場人物がいて、それを活かして話が進む構成にすればもっと面白くなるんじゃないかと思う

まぁ読切に求めるハードルとしてはかなり高いかもしれないけど

でも前作ゴーレムハーツに比べれば不快な性格の登場人物も少ないし、遥かに面白いと思ったので、普通に連載に向けて頑張ってほしいですね

・ブラッククローバー

本編
ノエルの海竜の咆哮で上半身が吹っ飛ぶファナ
しかし炎回復魔法不死鳥の羽衣で復活し生存し上半身裸に、素晴らしい

一方アスタはミモザと共闘するも、絵画魔法の猛攻にリルに近づけずにいた

その頃、金色エルフと戦う黒の暴牛の元に他の魔法騎士を引き連れやって来るユノ
そして魔石の力に導かれ、チャーミーと共に影の迷宮の中に突入する

ユノと一緒に来たチャーミーだったが、最初にやって来たアスタ達同様入口でユノと離れ離れになり、アスタとミモザが戦闘するエリアへと訪れる

感想
ミモザちゃんとファナちゃんのサービスシーンが素晴らしい各々のバトルが描写され、打開策が問われたピンチ回

にしても上半身が吹っ飛んだのに回復魔法使えるとかファナちゃんチート過ぎませんかね?

ノエル側には魔力の限界もあるのでしょうし、このままだとヤバそう

そしてアスタ達の元に送り込まれたチャーミーパイセンだけど、近距離魔法メインな上に魔力回復にあまり意味のないアスタがいる場所に放り込まれて、ここからどうやって状況を打破していくのだろうか?

まだチャーミーパイセンの羊魔法の真髄は見れていない気はするので、地味に戦闘が楽しみではあるけどね

・ジモトがジャパン

本編
新潟県でいつものジャパン

津々浦中学の近くにある潰れかけの老舗の商店、竹石商店を救うために、新潟の名物を利用したアンテナショップ的なフレンドリーな接客で繁盛させる都道府拳部

だがそれを良しとしなかったマスラオが隣に高層ビルのアミューズメントパーク「マスラオパーク」を建設し、負けた方が店を畳むという条件で勝負することに

圧倒的な娯楽施設であったマスラオパークに、真心ある接客で正攻法で勝利するジャパン

結果に納得がいかず憤慨するマスラオをジャパンが九頭龍閃五頭龍閃で制裁
その後マスラオパークは、商い根性が再熱した竹石商店の店主、竹じいに任せられることになるのだった

感想
新潟県て和月先生の出身地だった……知らなかった

地方のアンテナショップって中々面白そうなので機会があれば一度でいいから言ってみたい
見たことのない食べ物とかがあって楽しいらしいからね

でも、どんなに頑張っても今回の勝負でマスラオが勝てなかったのは八百長だと思うんだ……いくらあれな店でも4万円以上の利益にはなるだろうよ……娯楽施設なら

・呪術廻戦

本編
特級呪具「游雲」と呪術で花御相手に見事な連携を見せる真希さんと伏黒

が、その過程で花御の攻撃を受け怪我をする伏黒と、それを心配した隙に花御に肩を刺される真希さん

再び呪術で攻撃しようとする伏黒だが、花御の打ち込んだ攻撃で呪力を使った攻撃が封じられ動けず、一人で相手取ることになった真希さんが花御に捕まる
そんな真希さんを助ける為に強引に決死の覚悟で呪術を発動しようとする伏黒

しかし寸のところで街最強の二人が、花御を倒す為に二人の元へ現れる

感想
真希さんと伏黒の息ピッタリの連携が熱かったけど、特級の相手にはやはり二級と二級クラスの真希さんには荷が重かった

しかし特級呪具でもまともにダメージ与えられるように見えない辺り、やっぱり花御は相当強いんだろうなぁ

やって来た虎杖と東堂のベストフレンズの連携がどこまで通用するか心配です

でも特級相手ならばようやく東堂先輩の呪術での戦いも見れそうですし、虎杖君のパワーアップした技にも期待できそうでその点は楽しみですね

・ゆらぎ荘の幽奈さん

本編
SAGA寸前のところで千紗希ちゃんの心が高校時代に戻っていることに気づくコガラシ
その際コガラシ君が出してくれたブレンドティーをきっかけに、千紗希は昔の記憶を思い出して行く

コガラシが霊力を失ったことにより幽奈さんが見えなくなったり、幽奈は自分の未練を誰にも話さないまま成仏、コガラシと幽奈の不在により始まった妖怪同士の戦争
そんな中でもコガラシは持ち前の中国拳法によりみんなを守り、いつも大怪我を負っていたらしい

その後卒業間近に一度コガラシに告白をしたが、フラレた千紗希
他のゆらぎ荘のみんなやかるらと朧も、揃ってフラレていた
傷心で何年もコガラシへの気持ちを引きずっていた千紗希だったが、ある時仕事で東京に転勤していたコガラシと再会
その再会に舞い上がり懸命なアタックでコガラシとの接点を残した千紗希の努力が実り、二人は結ばれることになる

そしてある日東京スカイツリーに二人で行った際、借金を完済し終わったコガラシからプロポーズを受ける千紗希
まさに幸せの絶頂……と言ったところで、ようやく繋がった幽奈達の言葉が、千紗希を現実へと引き戻す

感想
ミウラ先生……こんな仕打ちを受けるくらい千紗希ちゃんは何か悪いことをしましたかぁ!?

いくら未来から今後の分岐となる大事な記憶を持ち帰るためとは言っても、こんな状況で引き戻されたら絶対に精神崩壊しますよ!

普通の高校生に耐えられる状況じゃないですよミウラ先生

来週この幸せな時間に千紗希ちゃんがずっといたいとか言い出しても不思議ではないですよこれ

だってもしこの分岐でコガラシが霊力を失わなかったら、この未来は訪れないわけですから
逆に千紗希ちゃんが自分の未来の為にコガラシを犠牲にしないような子であることも分かってるから、ますます辛いよ……

ミウラ先生、ここまでやったんなら未来が分岐したとしてもちゃんと千紗希ちゃんとコガラシをくっつけてくれよ……

じゃないと多分読者は納得しないよ、うん

・チェンソーマン

本編
胸を揉む為だけに全力で戦うデンジにドン引きするパワー
そんなデンジにコウモリとの夢を語りながら、デンジの夢をくだらないと見下すヒルの悪魔

ヒルの悪魔の言葉に早川やパワーにも同じようなことを言われたのを思い出したデンジは、じゃあ戦ってどっちの夢がでかいか決めようぜと、戦いを夢バトルと称しさらなる戦いに興じる

だがヒルの悪魔に敵わず喰われそうになってしまうデンジ
そこを早川を初めとする自分の部隊の仲間に助けられる

満身創痍ながらも、デンジとパワーはコウモリとヒルの悪魔二人を相手に、無事生還を果たすのだった

感想
あくまで自分の目的の為だけに自分勝手に動くデンジは、まさにパワーが言う通り悪魔であり、早川の言う通りガキである

でもデンジの場合はそれを理解してる上で自分のやりたいように動いてるように今週読んでて感じたので、タダの馬鹿ってわけではないのだろうなぁ

それよりも意外だったのは早川さんが能力を使ってデンジを助けたことだった
助けるのはまぁ当然にしても、異能力とかじゃなく物理戦闘で戦うとばかり思ってたので……

というかこれ早川絶対しばらく眺めてからデンジの事助けたよね?

私生活メチャクチャにされた仕返しとかも兼ねてるのかな?

後今週ラストで俺は夢バトル……と言ってるデンジに、STONEの俺は千空〜〜〜! を重ねて爆笑してしまった

・食戟のソーマ

本編
見事なコンビネーションで料理を仕上げていく創真とタクミ

二人はチーズとすっぽんを使った陰陽の形のヴェリーヌを作り上げ、審査員とドン・カーマを唸らせる

遠月の政権交代後、メッザルーナの食戟から始まり、何度もぶつかり合い互いの技術を盗めるだけ盗み研鑽し合った二人

そんな二人の培った時間が、ドン・カーマの卑劣な策と実力を打ち破った

感想
メッザルーナを取り返すまでの二人の研鑽の記録からの完勝はジャンプの三大理念友情・努力・勝利を感じれて普通に良かった

でもタクミの相手のドン・カーマがそこまで強そうに描かれなかったのが不満点かなぁ

主人公サイドと張り合わせるんだからもっと実力が拮抗した部分を見せ、その上でそれを乗り越える描写が欲しかった

初期の創真が能力的に圧倒的な格上を工夫で倒していくみたいな、どっちが勝つのかって緊張感が最近消えてしまったように感じて、その辺が最近この漫画が物足りないと感じてしまう要因になってると思う

・獄丁ヒグマ

本編
閻魔の元から帰り、遅刻ギリギリの時間に目覚めてしまうヒグマ

そんなヒグマの学校に通う普通の女子生徒、室町アカネ
彼女には第三子の出産が近い母親と妹がおり、席が隣であるヒグマに恋をしていた

しかし彼女の中には既に亡者狐鉄が取り憑いており、狐鉄により肉体を乗っ取られかけていたアカネ

彼女の危機を閻魔の関係者である目繰イトミにより察知して彼女から狐鉄を追い出そうとしたヒグマだが、肉体を乗っ取った狐鉄が、アカネの体でヒグマへと襲いかかる

感想
可愛い隣の席の女の子が出てきたと思ったら秒で亡者に体を乗っ取られてしまった

肉体から亡者だけ追い払う技を使えるヒグマだけど、実力があり武闘派っぽい狐鉄をアカネちゃんの中から追い出すのは骨が折れそう

女の子の肉体で亡者の能力がフルに活かせないとか、漫画的にそんな展開にはならなそうだし

でも救い出したらアカネちゃんはますますヒグマに首ったけになっちゃうんだろうなぁ、ヒグマ爆発しろ

・ネオレイション

本編
ジェヴォーダンの手がかりを追うために片っ端から悪党を見つけ、彼に繋がる人物を探し当てようとするネオ

そんなネオは、大悟とユッコが連れてきた大悟の姉水穂さんを愛してやまない名のある変態坊主、ター坊(山城達臣)と出会うネオ

ター坊さんの依頼からスマホの修理費とヤケドの治療費のチャラを条件に、賭けレースにより悪事を働く走り屋ブギーの悪行を止める手助けを頼まれる

謎のイカサマでレースを圧勝してるというブギー
それならばこっちももっと卑怯なイカサマでブギーをハメてやると、元伝説の走り屋ター坊と共に、レースに挑む

感想
今週の依頼人名のある伝説の走り屋の変態ター坊さんが無駄にキャラが立ってて面白かった

レースのイカサマをイカサマでハメ返すと言うのも、ハッキングを得意とするネオの持ち味を存分に活かしているし、全体的に面白かったと思う

ただユッコちゃんと大悟君が電脳戦になるとほぼ役に立たないのが悲しいところ

まぁ毎週全員に活躍の場与えるのも難しいとは思うけどね

絵も上手いしキャラは基本的にそこまで悪くないから、今週みたいにキャラの長所を活かした展開が出来れば、普通に人気でそうだけどなぁ、一体何が足りないのか

序盤の1〜3話のしっちゃかめっちゃかが印象が悪すぎたのかなぁ

・思春期ルネサンス! ダビデ君

本編
ある日、テニス部の試合の後にいつも抱えている大事な白鳥のぬいぐるみのゼウスをなくしてしまうレダちゃん
ゼウスがないと精神が不安になり今の姿を保てなくなるというレダちゃんの話に、ぬいぐるみ探しを手伝ってあげるダビデ

ナルキッソスに遭遇し彼の執事から白鳥のぬいぐるみの在り処を教えてもらったレダちゃん
しかしぬいぐるみはクフ王さんのペットスフィンクスが所持しており、彼はレダにぬいぐるみを賭けた謎解き勝負を挑む

幼少の頃兄から貰った大事なぬいぐるみを取り返したいものの、答えがわからないレダ
そんなレダの代わりにダビデは問題を解き、白鳥のぬいぐるみを取り返す

小学生の頃から大事にしてるぬいぐるみが戻って来て良かったねとぬいぐるみを渡すダビデに、レダは照れくさそうにお礼を言うのだった

感想
ダビデとレダが兄妹愛を深めるほっこり回
子供の頃からだは妹想いの良いお兄ちゃんだったんだなぁと見てて心が温まりました

自分の為にここまでしてくれるお兄ちゃんがいたら、そりゃあブラコンにもなるよね

にしても今週のスフィンクスクイズは中々に難しかった

ナルトは最初から読んでないからなぁ……根か……カッツォッ!

てなわけで今週はこの辺で! また次週の感想にてお会いしましょう!
スポンサーサイト



コメント

No title

今週のゆらぎ荘ですが、相当こたえましたね。ぱいなっぷるさんの感想に全面同意ですよ。
今までのシリアス編では目の前の問題を解決すれば後腐れなく日常編に戻れていましたが、今回ばかりは霊力封印を阻止してみんな笑顔で修学旅行終了というわけにはいかないでしょう。
今のところ彼女が救われる道で思い浮かぶのは、術の暴走で遠くにいるコガラシにも同じ術がかかっていた場合ですかね。もちろん現実の彼が元々千紗希を他の女の子より特別に見ていることが前提条件になりますが。
そして千紗希が救われることは必然的に他の女の子が割をくらうことを意味するわけであり、どう転んでもしばらく鬱展開が続きそうですね。

No title

・ヒロアカ
今回ので思ったのが、あの名言通り
「ワンフォアオール、オールフォアワン」
が本来の個性の形なんじゃないのかな?

・アクタ
演技力方面が一段落したと思ったら今度はコッチ方面かぁ…いいね!好きだぜ!

・FANTASIES
これは連載用に練り直していけると思います。
キャラも良く、設定も適度に余りがあって応用が利く。
期待してます。

・呪術
あの二人が強敵(トモ)として出てきたことで
ここまで全て「存在しない記憶」である可能性が生まれましたw

・ゆらぎ荘
これの救済策は霊力封印を阻止してハーレムEDしかないでしょう。
これで最終的に千紗希が破れたら某作品以上の炎上になってもオカシクない。

Re: No title

いちさんコメントありがとうございます

> 今週のゆらぎ荘ですが、相当こたえましたね。ぱいなっぷるさんの感想に全面同意ですよ。
> 今までのシリアス編では目の前の問題を解決すれば後腐れなく日常編に戻れていましたが、今回ばかりは霊力封印を阻止してみんな笑顔で修学旅行終了というわけにはいかないでしょう。
> 今のところ彼女が救われる道で思い浮かぶのは、術の暴走で遠くにいるコガラシにも同じ術がかかっていた場合ですかね。もちろん現実の彼が元々千紗希を他の女の子より特別に見ていることが前提条件になりますが。
> そして千紗希が救われることは必然的に他の女の子が割をくらうことを意味するわけであり、どう転んでもしばらく鬱展開が続きそうですね。

翌週号読んでからのコメント
やはりその後の展開は予想通りでしたね
しかし記憶が消してしまったとはいえこの終わり方はモヤっとしますね、未来が変わってもこの未来に行き着いてくれれば良いんですが……

Re: No title

ラグエルさんコメントありがとうございます

> ・ヒロアカ
> 今回ので思ったのが、あの名言通り
> 「ワンフォアオール、オールフォアワン」
> が本来の個性の形なんじゃないのかな?

ふむ……2つで1つの個性的な?

> ・アクタ
> 演技力方面が一段落したと思ったら今度はコッチ方面かぁ…いいね!好きだぜ!

役者物なら避けて通れない道ですからね、動きが楽しみ

> ・FANTASIES
> これは連載用に練り直していけると思います。
> キャラも良く、設定も適度に余りがあって応用が利く。
> 期待してます。

自由に動かせそうな設定の分良いものを作ってもらいたいですよね
ゴーレムよりは売れてほしい

> ・呪術
> あの二人が強敵(トモ)として出てきたことで
> ここまで全て「存在しない記憶」である可能性が生まれましたw

翌週を読んでからの感想
存在しない記憶どころの騒ぎではなかった(汗)

> ・ゆらぎ荘
> これの救済策は霊力封印を阻止してハーレムEDしかないでしょう。
> これで最終的に千紗希が破れたら某作品以上の炎上になってもオカシクない。

いちさんと同じく翌週呼んでからの感想
報われてほしいですねぇ、締めを見てただ切実にそう願いたいと思いました

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント