FC2ブログ

記事一覧

週刊少年ジャンプ2019年16号の感想その1

20190319071243d95.jpg
週刊少年ジャンプ2019年16号の感想となっております

表紙&巻頭カラーは4周年突破記念巻頭カラーということでブラッククローバーとなっております

金未来杯優勝後ハングリージョーカーを連載させてからはや数年、作者の田畠裕基先生は本当にたくましく育ったなぁと読んでて感慨深いです

他にはまだ新連載期間ということで先週から始まった椎橋寛先生の神緖ゆいは髪を結いが大増25Pセンターカラー、野々上大次郎先生の最後の西遊記が増23P

さらに今本誌で勢いに乗っている学園編絶好調のアクタージュ、アニメ企画も進行中のDr.STONEが大人気御礼でセンターカラーとなっておりました

その他にも15本の連載陣が掲載された、読み切りなし計20本の連載で構成された号となっております

なお読者アンケートを参考に今回より感想を「看板」、「本誌の推しと新連載」、「中堅」、「下位とギャグ」の順に四段構成で作ることにしましたので、上記であげた作品の感想は同時に読めるわけではないのをあらかじめご了承ください

では以上の引用と紹介、説明を踏まえまして、感想記事を始めさせていただきます

・ブラッククローバー

アスタとミモザが到着したものの、それも全く意に返すことのなくアスタ、ユノ、パトリを圧倒する悪魔

その目的は、四葉のグリモワールを与えられたパトリの肉体に受肉することでした

1話から五つ葉のグリモワールには悪魔が棲むって設定がありましたが、あれって人間に受肉するパターンもあるんですね

主人公のアスタの場合は強い願いの末に五つ葉のグリモワールが出現しましたが、あれはどういうことだったんだろう

やっぱりアスタの前世が四葉のグリモワールの使い手と関係あって、何かの理由で五つ葉になったのが有力なのでしょうか?

でも私は予想としてはパトリの言ってた通りリヒトが禁術魔法をかけて、その影響でリヒトの転生であるアスタが五つ葉になったという感じだったのですが、禁術魔法については今週悪魔さんに否定されちゃったからなぁ

いや、逆に禁術魔法の保険としてリヒトが死ぬ間際に己の体に禁術魔法をかけた、みたいな感じなら納得できるかな?

ひとまず今週の描写を見る限りリヒトの友人の人間はエルフを裏切ってなかったっぽいので、そこは安心しましたかね

リヒトの友人の彼は初代魔法帝っぽいという予想もネットで見たりするのですが、その辺どうなのでしょうかね?

本当にそうなら同じ属性魔法使うユノにも関連性がないとは言い切れないような……まさかリヒトの子を体に宿しながら、捨てられた初代魔法帝の一族であるという可能性があるのか?

だとしたらかなり運命的な出会いと言えなくもないですが……流石に考え過ぎか?

展開としてはシンプルなのに、設定が物凄い細かくてブラッククローバーは考察が捗りますね

でも私くらい真面目にブラッククローバーを考察してる人がファン以外にどのくらいいるのか……というのは言わない約束で

・ONE PIECE

クイーン主催による処刑「大相撲インフェルノ」

湯屋によるナミさんのご開帳

橋の上でのゾロと弁慶の決闘

毎度のことながらまぁ場面が無数に転換しやがる……

何かワノ国編に入ってからやたらと相撲が押されてるような気がするのですけど、尾田先生は歌舞伎だけじゃなく相撲も好きだったりするのかな?

展開としてはルフィだけではクイーンに敵わず、錠の外れたヒョウ五郎が覚醒して全盛期の姿に戻りクイーンを土俵の外に、というのがベタっぽいですが

天竜人の首輪があるため処刑は回避しないといけませんから、ビッグ・マムやチョッパーが助けてもすぐさま脱出は難しそう

にしてもナミさんのポロリは素晴らしかった……最高だった、少年誌におけるこういうサービス精神、好きです

最後に出てきた新キャラ弁慶については、明らかにモデル武蔵坊弁慶ですね

ゾロがここで源義経のごとく弁慶を説得して、一人ずつ侍達を仲間に引き入れていく展開になるのかな?

あと先週登場の光月家の侍河松

侍というか……語尾を考えるにどう見ても河童

おたまの天狗の師匠といい、河童の河松といい、武蔵坊弁慶といい、ワノ国編には本当に日本の文化が詰まっていますね、素晴らしい

・僕のヴィランアカデミア

今週はヒーローのお話は一旦お休みで、デクのライバルキャラポジのヴィラン死柄木弔にスポットをあてた、ヴィラン連合を中心に進めたお話となっていました

一番最初の弔君が僕のヒーローアカデミアのタイトルロゴを破壊する演出、アニメの演出改変みたいな感じでとても好きです

これはアニメ放送時も似たような演出をしてOPまでヴィラン連合仕様に変えてもらいたいところ、こういう演出は大事

肝心の本編の中身では、先週ラストに登場したオールフォーワンの信者っぽいヴィラン「ギガントマキア」さんとの出会いについて描かれていました

黒霧を失いさらにブローカー義爛が捕まったことで、同じ悪徳集団から金を巻き上げ人目を忍んでの生活を続けていました

目的は脳無の調整を行っていたというオールフォーワンの主治医、ドクターを探し出すこと

ブローカーがいなくなったことでパイプ役もいなくなったから絶賛放浪中とは、しばらく出てこなかったと思ったら中々にシビアな生活を送っていたものである

でもヴィラン連合全体きちんと足並みを揃えて行動を進めてる感じ、向かう先は一緒って感じで、今まではなかった統率感が出てきてますね

でもそんな中でも悪事ばかりを働き何も動けない状況を歯がゆく思うスピナーさんのような存在もいたりで、そこらへんでヴィラン達の心の機微もきちんと描いているのは流石堀越先生でした

スピナーは今後少しずつヴィラン連合の考えを理解し成長していく成長枠になるんじゃないかなと今週の描写で期待が高まりましたね

そんな手詰まりの状況で現れたのが先週の大男、ギガントマキアというわけです

前述の通りオールフォーワンを崇拝し、その後継者である死柄木弔を探していた彼

彼が崇拝対象オールフォーワンに求めていたのは絶対的な力であり、弔にもオールフォーワンと同じく力があると思っているようでした

しかし現状未成熟な弔には当然オールフォーワンのような力はなくて、それに絶望してしまいます

大分身勝手な言い分ではありますが、まぁ何かを崇拝する信者の言い分なんてこんなもんでしょう(暴論)

どうしようもない暴走をするギガントマキアに大ピンチなヴィラン連合、そこに届く探し人、ドクターの声

ギガントマキア、ドクター、二人のキーパーソンの登場により、ヴィラン連合の現状はどのように変わっていくのでしょうか?

主人公不在なのに大満足だったNo.220僕のヴィランアカデミア、来週の展開にも注目ですね

あと相変わらずトガちゃんは可愛いしエッチでしたね

・約束のネバーランド

ノーマンが口にした邪血の少女(ムジカ)は、人を口にしなくても生きていける超特異個体で、さらにその血を分け与えることで自分と同じ体質を分け与える力を持っていた

その力を恐れた王族は、自分達の権力を守る為に、身勝手にもその一族を始末した

うーむ、格差社会を誇示したい王族側の立場からしては分からなくもない意見ではあるけど、エマの言う通りあまりに暴力的であり身勝手……でもノーマンの言う通りそれが社会でもある、難しい問題

そしてノーマンが言うように、ムジカ達は人間が生きていくには不都合なそんざ……いや待てよ?

私ちょっとノーマンとエマの発言で、一つの仮説を立てました

邪血の少女の一族の血、それさえあれば鬼の退化は防ぐことができる

そうなれば鬼にとって確かに人間は、食べたい時に食べられる格好のエサになってしまうことは間違いない

でも、その概念自体を、約束で書き換えることが出来たとしたらどうでしょうか?

約束の強制力がどの程度強いものになっているのかは分かりませんが、もしも鬼が人間を食べてはいけないという約束を交わせれば、全ては丸く収まるのではないですかね?

あくまで仮説ではあるのですが、可能性としては試してみる価値のある話だと思うのですが、どうでしょう?

まぁノーマンのやり方でも「人間だけは」幸せになれるのも事実ではありますけどね

というかノーマンなら約束のことを知っていれば十分に立てられる仮説であるとも思う私の考えなのですが、ノーマンは約束についてどこまで理解しているのかな?

それともやっぱり実験でどこか弄くられてて、無意識にラートリー家に利用されたりしてるんでしょうか?

考えるたびに疑念が浮かんで嫌になってきますねえ……怖い怖い

さて、そんな中でノーマンとハッキリ意見が対立した中、エマはどのように行動していくのでしょうか?

三人が道を分かつなんて、絶対に見たくない展開なんだけども……

・ハイキュー!!

星海と日向の二人で始まった小さな巨人対決!

……の裏で始まる、月島メインの烏野ブロックと鴎台のブロック対決

鴎台のブロックがジリジリと日向の動きに慣れていく中、月島は一足先に星海のスパイクにタイミングを合わせナイスブロック

小さな巨人というワードから過去の兄の記憶をチラッと思い出しつつ、雪辱するかのようにブロック!

まぁ小さな巨人は兄貴と同じ高校で味方だったわけだけどな!

さてブロックとスパイクで今のところ上手いこと連携のとれている様子の烏野陣営でありますが、引きで元小さな巨人が発言してるように、ブロックのエンジンがかかってきてからが本番である

鴎台のブロックが真の実力が発揮してから、烏野はどこまで攻めを維持することができるのか

そしてまだまだ底は見せてないっぽい星海光来を、止めることは出来るのか

戦況の加速に注目ですね!

では以上感想その1でありました!

感想その2へと続きます!
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント