FC2ブログ

記事一覧

週刊少年ジャンプ2019年18号の感想その1

鬼滅の刃アニメ開始!

発売日に感想書くとかいう珍しいことをしてみる

・鬼滅の刃
日の呼吸の極意に辿り着いた炭治郎、ついに猗窩座さんを討伐!

戦いと記憶を経てこの一戦で炭治郎は本当に急成長したと思うね炭治郎は

しかしここまで大きな力だと、最初に日の呼吸使いこなせなくて死にかけたみたいにあとから反動が来そうで怖い

あと猗窩座さん相手にかなりの深手を負った義勇さんは大丈夫なのか

愈史郎達が助けに来てリタイアとなるのかな?

・約束のネバーランド
エマ達という光と鬼達による闇、どちらも知ったからこそのノーマンの悲しい選択

全てを守るためなら何者になることもいとわない、その為に歩んできた道を、もう戻ることが出来ない

ハウス出た時から思ってたけど、目的のためならば何もかも背負い込んじゃうところがありますよねノーマンは

にしてもバーバラやシスロ達はやっぱり実験で身体がおかしくなっていたのか……薬のこととか説明すれば、エマ達も上手く説得できたような気がしなくもないなぁ

・ぼくたちは勉強ができない

成幸が進路を親に言い出すことについて悩んでいたのをうるかちゃんが吹き飛ばしてくれた中、家に帰ったら「なんでここに先生がっ!?」

進路についてのうるかの考え方はうるかちゃんっぽくて良かった

子供たるもの、時には親に甘えることも必要よね

それにしてもなぜ先生が唯我家のお風呂に入っている……そ、そうか、ついに嫁に来ることの決心を(ry

・呪術廻戦
特級呪霊達襲撃による被害についてのまとめ、呪霊と呪詛師の五条封印計画の詳細、1年ズ達の新たなる決意にブラザー来襲……からのやきう

ハンガーラックさんは最初から呪詛師サイドにとっては捨てコマだったのか……夏油や真人以外にも呪詛師サイドに人間が増えてきたりして面白くなってきた

それにしてもこんな大変なことがあったにも関わらず何故やきうを……確かに作中にやきうがあるアニメやゲームは名作だけれども、ハルヒ然りひぐらし然り

とりあえず真希さんと虎杖かいる中で京都側にやきうで勝ち目はあるんですかねぇ……にしても自分を自虐する三輪ちゃん、好きである

・神緒ゆいは髪を結い

ゆいと何かしら因縁のあるキャラクター達が学校にやって来てキャットファイトしたりじゃれ合ったり、いいのではないでしょうか

にしても今週はサブタイも編集のアオリも意味が分からない……オルチャンとかあざまる参りとか、ギャル用語なの?

トラブルメーカーのゆいを中心にいろんな人が集まってきて、それぞれのキャラクターの個性を活かしたコメディ漫画、みたいな大まかな方向性がなんとなく見えてきましたね

それにしてもゆいとまいにゅんに挟まれる鍵斗君、変わってくださいどうぞ

あとなんで関西弁やねんエビちゃんよぉ……

・鬼滅の刃冨岡義勇外伝 平野稜ニ

BOZEBEATSの平野先生が描いた鬼滅の刃の人気キャラ、義勇さんの外伝読切

しのぶさんと義勇さん、二人の関係性とキャラクターを引き立てつつ、平野先生のスタイリッシュな作画が光ってよかったのではないでしょうか?

平野先生は鬼滅の刃の大ファンという話を聞いたこともあるので、今回の外伝執筆、さらにジャンプ+でスピンオフ「きめつのあいま!」を描かせていただけるのは、凄く嬉しいんじゃないかなと思います

まぁ一読者としては新作をいち早く発表してほしいですけどね……食いっぱぐれるよりはいいんでしょうけど

・ゆらぎ荘の幽奈さん

ロリコン祭りだぁ!

……もとい、みんなで寝た際に以前コガラシがかかった若返りの薬が原因で、幽奈以外の全員が子供に!?(一部あんま変わってないのもいるけど)

にしても幼少の頃の全員の性格とか考えるの大変だろうに、思い切ったことをしたなぁミウラ先生

こんなハチャメチャな状況の時に宵ノ坂が攻めてきたりしたら大変なのでは?(フラグ)

個人的にはちっちゃくなったキャラでは性格的にはまだ棘のありやさぐれてる呑子さん、ロリ夜々ちゃんが好きです

それにしてもみんな無邪気で可愛いのぉ〜

・最後の西遊記

力を使うたびにコハルちゃんが光りながら髪なびかせて浮いてるのが何か絵面的に笑ってしまうんだけど……

そして今回で明確にバトルのやり方と方向性が定まってきた

コハルの力を使って人間の蒙を開き、蒙を開いたことにより出てくる妖怪を伝記などの記録に基づいて、如意棒で祓う

最後に開いた蒙を閉じることによって処置を行う
、ここまでが戦闘のワンセット

……うむ、妖怪達の弱点をうまく探りながら攻略していく感じで、少年漫画っぽくて良いんじゃないかな?

それにしても最後の蒙を閉じる作業、処置とは一体……まさかラストに出た白い奴に蒙に関連する記憶吸わせるとか? だとしたらちょっとホラーだなぁ

・アクタージュ-act age-

喧嘩して怒らせてしまったヒナちゃんに、昔の自分について反省しつつ、今の気持ちを真っ直ぐに伝えて話す夜凪ちゃん

当時は自分のことばかりだったけど、昔実はひなちゃんにカラオケ誘われてたこととか、ちゃんと覚えてたんだねえ

そして役者になったことで全てのことが繋がっていると分かって、周りのことを理解しようとすることで、人を見る目が変わってきた夜凪ちゃん

そんな夜凪の変化に気づいたひなちゃんと、仲直りしたことで今度こそ本当の意味で友達になれたのかな?

朝陽と夜凪、苗字のように正反対な、フツーじゃない女子高生と、フツーの女子高生の二人

二人が交わることで、その関係がどのように広がって行くのでしょうか? 楽しみですね

今回は新連載と個人的に今週特に面白いと思った連載、好きな連載、読切からまとめてみました

流れるように感想その2へと続きます
スポンサーサイト



コメント

No title

・鬼滅
義勇さんや煉獄さんたち柱に庇われるばかりだった炭治郎がここまでやれるようになれたのは感慨深いです。

その一方でわざわざ呼びかけてから攻撃は、昔の「不意討ちができない男」のナレーションを思い出して吹いてしまいました。

・ゆらぎ荘
千紗希の話のテーマが未来だったので幽奈は過去がテーマの話を担当するとは思っていたけど、こんな形は予想外でした。

予知の世界の幽奈は自分の過去に負けて自分に強制成仏の術を使ったと解釈しているんですけど(「夢覚めて絶望」の対比にもなりますし)、正史の彼女が過去に勝てるようにメンタルを鍛える話のひとつになるんでしょうか。

Re: No title

> ・鬼滅
> 義勇さんや煉獄さんたち柱に庇われるばかりだった炭治郎がここまでやれるようになれたのは感慨深いです。
>
> その一方でわざわざ呼びかけてから攻撃は、昔の「不意討ちができない男」のナレーションを思い出して吹いてしまいました。

義勇さんにまでバカ正直に呼びかけるとはと言われてるのがまた面白いですよね

炭治郎本当に強くなったなぁ……

> ・ゆらぎ荘
> 千紗希の話のテーマが未来だったので幽奈は過去がテーマの話を担当するとは思っていたけど、こんな形は予想外でした。
>
> 予知の世界の幽奈は自分の過去に負けて自分に強制成仏の術を使ったと解釈しているんですけど(「夢覚めて絶望」の対比にもなりますし)、正史の彼女が過去に勝てるようにメンタルを鍛える話のひとつになるんでしょうか。

宵ノ坂、天狐まで絡んで話が壮大になって来ましたねえ

ついに物語の核心、幽奈の過去に触れてくれるのでしょうか?

なんか溜まりに溜まった伏線を一気に回収しに来てる感じもしますね……

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

2Dぱいなっぷる

Author:2Dぱいなっぷる
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント